ごきげん手帖

春の敏感肌に。Trilogy ベリージェントルシリーズがリニューアル新登場

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

2002年にニュージーランド人の姉妹によって立ち上げられたオーガニックコスメブランド「Trilogy(トリロジー)」。ブランド誕生のきっかけにもなったピュアなローズヒップオイルに代表される、自然界に存在する美肌成分を贅沢に配合した商品は、世界20ヶ国以上で愛されています。

そんなTrilogyが2010年に発売した、敏感に傾いたお肌をやさしくサポートするシリーズ「ベリージェントル」が、3月14日にリニューアル。今日は新生ベリージェントルラインから、注目の2商品をご紹介します。

Trilogy ベリージェントルシリーズ

Trilogyのこだわり

Trilogyが目指すのは、単に天然成分で構成されているだけのコスメではありません。自然由来の成分にこだわりながらも、科学を駆使し、効果を実感できるようなコスメをつくること。それが、Trilogyのこだわりなのです。

生まれ変わったベリージェントル

ベリージェントルが誕生した2010年から、8年。その間に、スキンケア界において注目をあびるようになったキーワードが「アンチポリューション」―つまり、大気汚染からお肌を守る機能のことです。

日々のストレスに加え、多くの化学物質に晒されているといわれるわたしたちの肌を、スキンケアでいかに守ることができるのか。お肌のバリア機能を高め、ストレスに耐えられるお肌に整えるためには、どんなスキンケアが求められているのか。それを研究して開発されたのが、新生ベリージェントルなのです。

キーとなる天然成分

シリカルム

これまでのベリージェントルシリーズにも配合されていた、敏感肌用の植物ブレンド。

北米先住民の間で古くから皮膚の治療に使われてきたというお肌を整える成分「セイタカヨシエキス」と、漢方などにも用いられる「ブクリョウタケエキス」が、赤みや痒みを落ち着かせます。

マキベリーシードオイル

スーパーフードとして知られるマキベリーの種子から採れるオイル。

実はこのオイルを配合したコスメは、日本ではTrilogyのベリージェントルシリーズがはじめてなのだそう! 保湿、鎮静効果が高いとされるオイルです。

シーバックソーンオイル

「サジー」という名前でも知られているグミ科の植物。お肌のバリア機能を高め、皮膚を再生させる効果が期待できます。

ベリージェントル クレンジングクリーム

200ml 5,400円(税抜)

ベリージェントル クレンジングクリーム

以前はチューブタイプだったクレンジングクリームが、ポンプタイプのボトルにリニューアル。

お肌を落ち着かせるシリカルムとグリーンティーエキスに、潤いを与えるアーモンドオイル、アボカドオイル、ダイズオイルをプラス。
マキベリーシードオイルがお肌を柔らかく整えます。

ベリージェントル クレンジングクリーム

重厚感のあるボトルが目にも嬉しいだけでなく、ポンプタイプのクレンザーはやっぱり使いやすい! 

適量はたっぷり4〜6プッシュ。乾いたお肌にやさしく馴染ませたら、濡れたクロスで拭き取るか、ぬるま湯で洗い流します。

海外のクレンザーの中には、クロスで拭き取らないとぬるつきがなかなか取れないものもありますが、ベリージェントル クレンジングクリームはぬるま湯で洗い流すだけでもすっきりと落ちるので、お肌への摩擦が気になる方にもおすすめ。

ベリージェントル クレンジングクリーム

クレンザーというよりモイスチャライザーのような、濃厚なテクスチャ。お肌に吸い付くように密着して、洗いながらもお肌にぐんぐん潤いが行き渡っているような感覚です。

ウォータープルーフのアイライナーやマスカラは落ちづらく感じますが、ポイントメイク落としと併用すれば問題なし。

もちろん、朝の洗顔用にも使えます。朝、このクレンジングクリームを使って顔を洗っておくと、潤いのヴェールが張られているような感覚で、メイクのノリも良くなるから不思議。「ただの洗顔料」と称するのには贅沢過ぎるクレンザーです。

ベリージェントル カーミングフルイド

30ml 5,400円(税抜)

ベリージェントル カーミングフルイド

お肌が敏感に傾くと、いつも使っているスキンケアアイテムでさえも刺激を感じてしまうことがありますよね。そんなときに頼れるのが、ベリージェントル カーミングフルイド。

シリカルム、アロエベラ、カモミールといった植物成分がお肌のイライラを鎮め、高い抗酸化作用を持つマキベリーシードオイルが、老化の原因となるフリーラジカルのダメージを軽減。
敏感肌をケアしながらも、エイジングケアもしてくれる美容液です。

ベリージェントル カーミングフルイド

一般的な美容液と同じように、お化粧水とモイスチャライザーの間に使っても良いし、それすらも刺激に感じるときは、洗顔後の清潔なお肌に直接付けてもOK。

さらっとしていて浸透力も高いため、お肌にするすると入り込んでいきます。アロエベラがベースとなっているため、オイルが配合されていてもベタつきや重たさは感じません。
さっぱり軽めの使い心地なので、お肌に刺激を感じるときのお化粧水代わりとして、モイスチャライザーの前に使うのがおすすめです。

TIME OUTのすすめ

Trilogy ベリージェントルシリーズ

ストレス、花粉、大気汚染……様々な要因によって疲れてしまったお肌には、パワフルなスキンケアはトゥーマッチ。お肌が弱っているな、と感じたときには「TIME OUT」 ―つまり休憩をしましょう、とTrilogyは提案しています。

肌断食とまではいきませんが、いつもの複雑なスキンケアステップをお休みして、出来る限りシンプルでお肌にやさしいケアに切り替えることも大切。

そんなときに頼れる、ベリージェントルシリーズ。クレンジングからクリーム、スペシャルケアに最適なオイルやマスクまで、その数は6商品。ぜひ、新しくなったベリージェントルを、お肌で体感して。

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

ビューティブロガー・Nicole

海外コスメに目がないビューティブロガー。東京、時々ロンドンを拠点とし、常に美容情報を収集中。

    【あわせて読みたい】
    ▽この春おすすめの新作コスメはこちらでチェック!
    たった20秒!メイクブラシを洗浄・乾燥までする万能クリーナー
    【3月5日発売】プロ級の春メイクを簡単に実現!CHICCA10周年スペシャルセット
    【NEWオープン】オーガニックアイテムが集結する「Make↗︎Kitchen」に注目!
    【検証】新・プリマヴィスタの化粧下地は、どれくらい崩れない?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
    テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
    「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

    【参考】
    Trilogy 公式サイト

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    アイテムの最新記事はこちら