ごきげん手帖

ダイエット中に食べて欲しい、冬が旬の寿司ネタ3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ダイエット中にお寿司を食べるということに抵抗を感じる方もいるかもしれません。

でも、冬に旬を迎えるマグロやブリなどには嬉しい美容・健康効果もあるのです。

食べる時に少しの工夫をして、美味しい旬の魚を味わいませんか?

今回は、冬の旬の魚の栄養についてとダイエット中のお寿司の食べ方をご紹介します。

寿司

ダイエット中のお寿司の食べ方

お寿司はご飯を食べすぎてしまうので、ダイエットには向かないと思っているかもしれません。

しかし、ご飯を小さめで握ってもらえば美味しくいただけます。

野菜は不足してしまうので、お浸しなどを先に食べるようにし、次にお寿司といった順番で食べると良いですね。


(1)貧血を予防するブリ

ブリはワカシ、イナダ、ワラサと大きさで名前が変わり、80㎝以上のものをブリと呼ぶため「出世魚」と言われています。

ブリの脂質はDHAやEPAを多く含みます。DHAはコレステロールを減少させるだけでなく、高血圧の予防効果も期待できます。

また、糖質や脂質の代謝を高めるナイアシンも含有しているので、ダイエットにピッタリの寿司ネタですね。

(2)アンチエイジングにはマグロ

マグロ

マグロは通年の魚というイメージですが、旬は冬になります。一番おいしいと言われているのがクロマグロ(ホンマグロ)です。

マグロにはミネラルのセレンが含まれています。これは細胞の酸化を防ぎ、血合いの部分のビタミンEと一緒に食べることで、アンチエイジング効果が期待できます。

トロにはDHAやEPAが含まれ、コレステロールの低下効果もあります。

(3)美肌効果のヒラメ

カレイとヒラメの区別はつきますか? お腹の部分を下にしたときに、左に目があるものがヒラメです。

脂肪も少なくたんぱく質も豊富で、ダイエットにはピッタリの寿司ネタです。ヒラメのエンガワにはコラーゲンが含まれていますので美肌効果も期待できます。
新鮮なものは、こりこりとした触感です。ぜひ食べてくださいね。


いかがでしたか?美味しく旬の魚のお寿司を食べて、楽しくダイエットしましょう。

ライタープロフィール

株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ

栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、美肌マイスター講師。「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマにダイエット指導を行う。溢れるダイエット、アンチエイジングや美肌の情報を精査して正確で信頼できる情報をお届けします。

    【あわせて読みたい】
    ダイエッター必見!糖質の少ないお酒ランキング
    無理せず、賢く痩せる。「週末ゆるベジ」のポイント3つ
    逆に太るかも!? 食べ過ぎ注意のヘルシーフードまとめ
    毎日の食費を賢く節約!スーパーでまとめ買いするべきもの10選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    ※吉田企世子・棚橋伸子 著,監修(2011)『旬の野菜と魚の栄養辞典』(エクスナレッジ)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら