ごきげん手帖

お金のプロに聞いた!今年こそ、お金に強い女になる方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

株価の好調なスタートに、景気回復も予想され、明るいムードで幕開けしたように見える2018年ですが、あなたのお財布はどうですか? 

銀行に貯金を預けていてもほとんど増えない厳しい時代、あなたの景気を守るのはあなた自身! 今年こそ「お金に強い女(ひと)」になって、より幸せに過ごしましょう。

今回はそのための秘訣を、何千人もの女性のお財布事情を改善してきたファイナンシャルプランナー、笠井裕予(かさいひろよ)さんに伺いました。

お金に強い女性

「お金に強い=お金を持っている」ではない

貯金をする人

倉島:お金に強い女(ひと)になる方法、とても興味があります。具体的にどんなことでしょうか。

笠井:はい。まずはそもそものお話なのですが、「お金に強い人」とは? という大切な点を、ぜひご理解いただきたいと思います。

私が定義する「お金に強い人」とは、「お金をたくさん持っている人」のことではありません。お金に振り回されることなく、自分らしく生きている人こそ、本当の意味でお金に強い、といえるでしょう。

自分らしく生きている人は、自分の価値や、自分に何が必要かを知っています。ですので、お金に縛られたり振り回されたりすることなく、自分の好きなことや幸せのために惜しみなくお金を使えます。

そうして自らの価値を上げ、自分らしさを活かした方法で収入を得ることが可能になるから、ますます内面もお財布も充実した人生になる……というサイクルです。

笠井裕予(かさいひろよ)さん

あなたは「もったいない女(ひと)」になっていませんか?

ショックを受ける女性

笠井:これは、私が著書『貯金0でも「お金に強い女」になれる本』の執筆のきっかけにもなったことなのですが、これまでファイナンシャルプランナーとして多くの女性に関わってきた中で、「もったいない」方がとても多いな、と感じました。

年収や才能・能力が高いけれど貯金ができない女性。
逆に、収入が高く貯金もあるけれど、将来の不安や、自分にはあれがない、これがない……が気になり、今を楽しんでいない女性。

そしてその大きな原因は、「自分らしく生きられていない」ことである点です。

自分の内面が充実していないから、ストレス発散で衝動買いをする。自信がないから、お金が万能と信じてしまい、いくらあっても不安になる……という構図です。

倉島:いままで意識したことがありませんでしたが、確かにそうですね。そんな状況から脱するにはどうしたらいいでしょうか?

お金に強い人は、何よりも「自分のしたいこと」を大切にする

何かを考えている女性

笠井:最も大切なのは、自分がやりたいこと、人生での目標を、はっきり自分で「決める」ことです。

やりたいことが決まれば、やるべきことも決まります。すると、どこにお金を使うべきかが明確になると同時に、どの支出が浪費にあたるのかも見えてきます。

日々充実して過ごしていると、浪費する時間と気持ちもなくなるので、お金がたまりやすくなります。

私のクライアントさんで、シングルマザーでありながら1年で100万円を貯金できた方がいらっしゃいます。
これは正に「自分のやりたいこと」を明確化できたことで貯金が出来るようになった好ケース。収入の多い・少ないは関係ないのです。

「やりたいこと」をクリアにする5つの方法

気持ちを紙に書く

とはいっても、日々の忙しさに追われて「自分が何をしたいのかわからない」「したいことを見失ってしまう」という声をよく耳にするのも事実です。
そんな場合は、以下のような方法を試してみるといいでしょう。

・現実の枠は一度取っ払って、自由に「やりたいこと」を30個書いてみる

・子供の頃なりたかった職業を書き出してみる

・自分の感情が動いた出来事を、アイコン化して書いてみる(幸せ、ストレスなど)

・周りの人に自分の目標を宣言する

・手帳に自分の目標を書き、常に目につくようにする

倉島:お金という物質ではなく、大切なのは自分らしさ。とても深い内容です。

笠井:人生とは、お金でも環境でもなく、自分で創るもの。今年、ひとりでも多くの女性が自分らしさを再発見して、幸せもお金も引き寄せる体質になれることを願っています。

【取材協力】

一般社団法人マネーキャリアコンサルタント協会 代表
株式会社オフィシャル 代表取締役 笠井裕予(かさいひろよ)さん

普通のOLから人生を変えたいと起業するも、5000万円の借金を背負う。死んでもおかしくない状況からFPとして生きる道を見出し、未経験の保険営業に転職してわずか3年で全国7万人中ベスト5に2度入賞し、売上を5000万円あげる。

現在は、全国でマネーセミナー講師、2000名を超える女性の個別コンサルティングをしている。また、一般社団法人マネーキャリアコンサルタント協会を立ち上げ、同養成講座を開催し、活躍の場を広げている。 著書に『成功したい女は、結婚を捨てなさい』(経済界)『貯金0でも「お金に強い女」になれる本』(経済界)がある。

ライタープロフィール

スピーチコンサルタント・倉島 麻帆

スピーチコンサルタント、フリーアナウンサー。NHK、日経新聞など多数メディアに出演。脳科学・心理学メソッドも使い、好かれる「話し方・コミュニケーション」研修を、上場企業をはじめ全国で行っている。著書「引きつける話し方が身につく本」など多数。

    【あわせて読みたい】
    目的は明確に。マネーのプロが教える『お金を貯められる人』になる方法
    マネーのプロに聞いた!「お金に強いオンナ」になる黄金ルール
    元借金5000万円のFPに聞いた!お金が貯められない女性の特徴3つ
    収入が少なくてもお金が貯まる!?お金からモテる方法 〜メンタル編〜

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    年上と年下どちらがうまくいく!?「恋の年の差」心理テスト
    手のひらに「て」があると強運!?「大成功する手相」はコレ
    なぜかお金が貯まらない!「節約上手度」が分かる心理テスト
    意外と野心家なのは?「お金を稼ぐのが得意な星座」ベスト3

    【参考】
    マネキャリ女子レッスン

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら