ごきげん手帖

垂れ乳防止!30秒バストアップエクササイズ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

気になるバストの垂れや型崩れ。原因の多くは加齢といわれていますが、実はそれだけではありません。あなたのバスト崩れは、胸の筋肉が硬くなってしまう“NG姿勢”をとっているからかもしれません。

そこで今回は、悪い姿勢を改善してバストの形をきれいにしてくれる筋肉にアプローチするバストアップエクササイズをご紹介します。

バストケア

バストが垂れるNG姿勢とは

猫背の女性

猫背姿勢になってしまうと、バストの土台である大胸筋(だいきょうきん)・小胸筋(しょうきょうきん)などが短縮してしまい、硬くなってリンパの流れが悪くなります。するとバストのハリを失う原因になってしまいます。

バストアップをするには背中や脇を使おう

失ったバストのハリを回復させるためには「背中」や「脇」の使い方がとても大切です。

30秒バストアップエクササイズ

STEP1 脇の下をほぐす

テニスボールで脇の下をほぐす

脇の下をテニスボールなどでまんべんなくほぐします。

最初に脇の下をほぐしてリンパの流れや血流を良くさせるとエクササイズの効果を上げることができます。

STEP2 フェイスタオルでバストアップ

立て膝になり、脇の下にフェイスタオルを挟む

(1)姿勢を正しやすい立て膝で準備をします。このエクササイズは“正しい姿勢”で行うことがポイントです。

脇の下にフェイスタオルを挟みます。小さく「前にならえ」の要領で肘を曲げます。小指をしっかり使ってタオルの端を握りましょう。

肘の位置は変えずに手を開く

(2)肘の位置は変えずに手を開いていきます。リズミカルに「閉じて・開く」を繰り返します。(30回)

横から見た図

横から見た時に、胸の真ん中が斜め上を向いているように意識をしましょう。

NGポーズ

NGポーズ

このように猫背姿勢になってしまうと背中を上手く使えません。つむじが天井に引っ張られているような意識を持ちましょう。


おうちで簡単に出来るバストアップエクササイズ。お風呂の中でボディタオルを使用しながら行うのもオススメです。

寒くてついつい前かがみになりがちな季節ですが、バストケアは“土台を正しくすること”が大事です。
バストの位置が正しくなると、1~2カップアップも期待できます。バストアップすればランジェリー選びも楽しくなるかもしれませんね。

またバストの形だけでなく、猫背改善・肩こり解消にもGOOD! ぜひ生活に取り入れてみてくださいね。

ライタープロフィール

スタイルアップトレーナー・才原洋子

女性のためのスタイルアップトレーナー。女性専用トレーニングスタジオSOU赤坂店主宰。OPEN3か月で予約の取れない人気店に。BESJpilatesマスタートレーナー/バーオソルオフィシャルトレーナー/女性の美ボディメイクを数多く実現。

【保有資格】

Body Element Pilates トレーナー/BodyKey トレーナー/MasterStretch トレーナー/SOU認定スタイルアップトレーナー/SOU認定 スタイルアップ矯正士/小顔美容矯正士/NCG栄養コンシェルジュ

    【あわせて読みたい】
    下着のプロに聞いた!バストのお悩み別、ブラジャーの選び方
    【#美金 vol.20】マシュマロバストを育てる3大アイテム&マッサージ術
    ふっくら愛されバストになろう!バストケアまとめ
    実はアレは逆効果!【プロ直伝】正しいバストアップエクサ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら