ごきげん手帖

垢抜け美人はやっている!メイクで美人オーラを放つコツ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

特に派手な顔立ちでもないのに、なんだか美人オーラが漂っている……

あなたの身近にも、そんな“垢抜け美人”はいませんか?

垢抜けた印象をつくるには、難しいテクニックが必要なわけではありません。

少しのメイク練習と少しの変化によって、あなたもみるみるうちに垢抜け美人に近づけます!

今回は垢抜け美人が取り入れている基本のメイクテクをご紹介いたします

垢抜け美人になるメイクテク

ベースメイクはトレンドの質感を取り入れる

女性のアップ

ベースメイクには、マット、シマー、ホギーなど、たくさんの種類があります。

その中でも、ここ数年注目を浴びているのがナチュラルな「つや肌」メイク。

どんなに可愛い人であっても、今の時代にファンデーションをベッタリと厚塗りしていては、なんだか垢抜け感がダウンしそうではありませんか?

このように、メイクの土台となるベースメイクをトレンドに合わせて変化させることはとても重要です!

気になる2018年のトレンドは、つやっぽさを残しつつも、シェーディングやハイライトで、こっそり作りこんだ立体感のあるベースメイクが流行の予感。

あくまでも、“さりげなく”なので、粉っぽさのないリキッドタイプや、クリームタイプのシェーディング・ハイライトアイテムにも注目です。

まゆ毛は始まりと終わりにこだわって

眉を書く女性

まゆ毛が上手く書けるようになると、垢抜け度は急上昇!

まゆ毛を書く上で大切なのは、眉の始まりである“眉頭”と、眉の終わりである“眉尻”。

眉頭の5mm~1cm程度は、ぼかすようにふんわりと仕上げましょう。

アイブロウペンシルで書き足す時も、毛流れに沿って下から上へ向かって書き足します。

眉尻は、スッと1本の線で終わることを意識して書くことが横顔美人になれるポイントです

眉尻がぼやけていると、一気にやぼったい印象になってしまいます。

ぜひ、この機会にまゆ毛の書き方の見直しをしてみて!

そのチーク、ちゃんとぼかしてますか?

チークメイク

チークが入っていると、顔色がパッと明るくなり、顔の凹凸が目立ち、一気に華やかさが増すものです。

血色感がでることで、顔のくすみが飛んだり、若々しく見えたり、大人女子には欠かせない存在ですよね。

しかし、ここでも垢抜けチークに重要なのは「入れ方」にあります。

チークは、ファンデーションとチークの境目をしっかりとぼかすことが重要です。

“ココにチーク入れてます!”感がでると、一気にメイク初心者さんに見えてしまいます。

チークを塗った後は、しっかりぼかせているか確認しましょう。


いかがでしたか? トレンドを顔に詰め込んだり、自分に似合わない話題のコスメを使う必要はありません。

たくさんの素晴らしいコスメたちを楽しむためにも、垢抜け美人へのコツをマスターして、今よりももっと素敵な自分に出逢いましょう!

ライタープロフィール

美容ライター/ヘアメイク・森田玲子
各媒体にてメイク法や美容法について執筆。ヘアメイクスクールで美容知識や実技を学び、現在では現場のヘアメイクとしても活躍の幅を広げている。

【保有資格】
日本化粧品検定 1級 取得/日本メイクアップ技術検定(JMA)2級取得/日本パーソナルカラー検定協会(J-color)2級取得

    【あわせて読みたい】
    似合う色がわかれば垢抜ける!チーク&リップカラーの選び方
    洗練された女性に。眉メイクで垢抜ける方法
    「なんだか、垢抜けない」その理由は? 雰囲気美人になれる3つの法則
    “美は細部に宿る” この秋、垢抜けた印象になるためにすべきサロンケアとは

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
    テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
    「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら