ごきげん手帖

「身体にいいこと」が逆効果に!? 冷えを招くNG習慣3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

朝晩は、グッと冷え込むようになりましたね。
外気が寒い季節に手足などの末梢部が冷えるのは、身体の自然な反応ではありますが、いつもの習慣が冷えを招いていることもあります。

中には健康によかれと思って習慣にしていることが、冷えの原因になっていることも

冷えが辛いと感じている方は、ご自身の習慣をチェックしてみましょう。

20171219iwata00

あなたもやっていませんか?冷えを呼ぶNG習慣3つ

(1)寝起きに冷たい水を飲む

水を飲む女性

寝ている間は、自然な発汗により水分を消費しているため、寝起きに水を飲むのはいいことです。

ですが、朝は一日の中で一番体温が低い時間帯。とくに外気温の低いこの季節は体温が上がりにくいため、冷たい水を飲むと内臓が冷えて、身体は熱を逃さないようにと、余計に末梢部の血管を閉じて体内に熱を閉じ込めてしまいます。

寒い季節は、寝起きに常温の水か白湯を飲みましょう

(2)サラダが主食

20170621iwata001

野菜は、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、食物繊維と美容と健康に役立つ栄養素がつまった、とても質のいい食材です。

たくさん食べることはいいことなのですが、野菜によっては生の状態のものは、身体を冷やす場合があります。

寒い季節は、生野菜で野菜を摂るのではなく、ポトフなどの温かい状態で野菜を食べるお料理を選びましょう。

またサラダを食べる時は、ニンニク、玉ねぎ、長ネギなど身体を温める香味野菜を使ったドレッシングを使うようにしましょう。

(3)ショウガを積極的に食べている

生のショウガとショウガパウダー

冷えとり食材としてお馴染みのショウガ。冷えの改善のためと、積極的に摂っている方も多いのではないでしょうか。

決して間違いではないのですが、生の生姜は、手足などの末梢部を短時間で温めるものの、身体の深部体温が下がるため、かえって身体を冷やすことになりかねません。


生の生姜を加熱乾燥して作ったジンジャーパウダーには、末梢部が温まる体感はありませんが、身体を内側から温める働きがあります。ですから、身体が芯から冷えると感じる方は、生の生姜でなく、ジンジャーパウダーを使いましょう


外気温の変化により、身体も変化しています。寒い季節は、身体を内側から温めることを習慣にしたいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

    【あわせて読みたい】
    朝食にとりいれたい!冷えを解消する食べ物・飲み物
    冷えをリセット!朝にココアを飲むと良い理由
    お疲れ胃腸に!10分でできる、ヘルシーポトフレシピ
    ショウガは朝食べなきゃ!冬の代謝UPには『朝ショウガ』がおすすめ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら