ごきげん手帖

ヘルシーに冷え予防!冬の簡単、鍋レシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

寒い時期は体が温まる「お鍋」が恋しくなるもの。肉類や野菜類が鍋ひとつで簡単に調理できて、洗い物も少なくヘルシーなのが嬉しいですよね。
そこで今回は、簡単に作れて冷え予防や美肌作りに効果が期待できるヘルシー鍋レシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

しょうがとネギで身体ポカポカ!美肌にも嬉しい簡単鍋レシピ

しょうがとネギで身体ポカポカ!美肌にも嬉しい簡単鍋レシピ

しょうがとネギで身体ポカポカ!美肌にも嬉しい簡単鍋レシピ

<材料>1人分

・水 250ml
・出汁用昆布 5cm×10cm 1枚
・鶏もも肉 約150g
・なつめ 3個
・しょうが ひとかけ
・長ネギ 約20cm
・エノキ 1/8株
・かぶ 小さめのサイズ1個
・春菊 2本
・ゆず皮 少々
・薄口しょうゆ 小さじ1/2

※なつめはクコの実、エノキはシメジなど他のキノコ類でも代用可能。

<作り方>

1. 小さめの鍋に水と昆布、皮ごと千切りにしたしょうが、薄口しょうゆを加え、蓋をして弱火にかける。

2. まず野菜類を洗ってから切る。長ネギ、春菊は約3cm幅に切る。エノキは石づきを取って3cm幅に切る。かぶは皮を剥いてくし切りにする。ゆず皮は細切りにする。

3. 次に鶏もも肉をひと口サイズに切る。※大きすぎると火が通りにくいので注意!  

4. 鍋に鶏もも肉、長ネギ、エノキ、なつめを加え、蓋をして中火で約3分煮込む。

5. 春菊、かぶ、ゆず皮を加え、蓋をしてさらに弱火で3分煮込んだら完成!  

しょうがとネギで身体ポカポカ!美肌にも嬉しい簡単鍋レシピ up

昆布出汁ベースのスープに、しょうが・長ネギ・なつめのエキスが染み出て、ヘルシーなのに味わい深いお鍋が完成。鶏もも肉が入っているのにヘルシー。でも食べ応えは抜群! 

<インナービューティーポイント>

・長ネギやしょうがは血流を促進し、身体を芯から温めてくれます。冬の冷え予防にもおススメの食材です。

・旬の春菊には、細胞老化を防ぐ抗酸化作用が高いカロテンが豊富。カロテンは体内でビタミンAとして働きます。アンチエイジングにはもちろん、冬の乾燥肌予防にもおススメの食材です。

・食物繊維豊富で低カロリーなエノキは、整腸作用をサポート。

・旬のかぶには、むくみ予防に嬉しいカリウムが豊富。カリウムは水に溶け出しやすいので、鍋スープごと飲み干すのがおすすめ! 

・昆布出汁ベースのスープは市販のお鍋つゆに比べて塩分が低いので、安心して飲み干せます。

・漢方に欠かせないなつめには、女性に不足しがちな鉄分やカルシウムが豊富です。


いかがでしたか? ゆずの皮の上品な香りも楽しめるヘルシーなお鍋レシピ。この時期は、温かいお鍋をいつでも短時間で作れるように、あらかじめ野菜類をカットして冷凍しておくと、とっても便利。
忙しい日の夕飯はもちろん、冷え込む日の朝ごはんにもおすすめです。ぜひお試しください。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    野菜がたっぷりとれる!食べ痩せが叶う「草鍋」ダイエット
    +αで絶品に大変身!鍋と相性バツグンの食材・調味料4選
    栄養満点!顆粒のスープの素を使った鍋とスープレシピ4つ
    寒い日は鍋!いつもの鍋をビューティー鍋に変えるポイント4つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら