ごきげん手帖

指先にブランケットのような温もりを。簡単にできるチェック柄ネイル

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

シンプルなネイルをパッとおしゃれにしてくれるチェック柄のネイル。季節問わず人気のチェック柄ですが、特に秋冬にはブランケットのような、ほんわか温かみのあるチェックネイルがオススメです。
今回はそんな秋冬にぴったりのチェックネイルの作り方をご紹介します。

秋冬チェックネイル

秋冬をおしゃれに♡セルフネイルにオススメのチェックとは?

サロンネイルでは定番ともいえる「チェック柄」ですが、セルフネイルでチェックというと少し難しそうなイメージ。
チェックには様々なネーミングや種類がありますが、大ぶりのマドラスチェックやブランケットネイルといわれる、毛羽立ち感があるシンプルなチェックは秋冬ネイルでも人気の柄です。
タータンチェックや今期トレンドとなっているグレンチェックなどに比べると手順も少なく、セルフでも比較的簡単に再現が可能です。

では早速、秋冬チェックネイルにチャレンジしてみましょう。

セルフでできる!チェックネイルのつくり方

(1)ベースカラーを塗ります

最初にベースコート、ベースカラーの塗布(硬化or乾燥)までを終わらせておきます。

ベースカラーを塗る

普段はシンプルなベージュネイルにしておいて、週末はチェックネイルを付け足し。などと使い分ける場合にも使いやすいので働き女子にもオススメです。

(2)チェック柄を描きます

今回は3つの色を使ってチェック柄を描きます。チェック柄を描く際に一番難しいのが、ラインを引くバランス。慣れないうちはシンプルに大きめのチェックを描くと良いでしょう。

左寄り、下寄りにラインを書く

1色目は左寄り、下寄りにラインを書きます。ラインの太さは爪の大きさやお好みで変えてみてください。
このままでもチェック柄になりますが、今回はブランケットの様な毛羽立ち感を書き足します。

コットンでラインをぼかす

今回は毛羽立ちが少ないコットンで行いましたが、綿棒、スポンジなどお手持ちのものでラインをボカします。

色を濃くしたい場合は硬化or乾燥をした後にもう一度、同じ工程を行う

ぼかすと少しカラーが薄くなるので、色を濃くしたい場合は硬化or乾燥をした後にもう一度、同じ工程を行ってください。

2色めをいれてぼかす

2色目は1色目のラインと対照の位置にラインを引くとバランスが取りやすいと思います。1色目と同じ様にコットンなどでボカしましょう。

ゴールドのラメカラーでラインを書き足す

最後にアクセントでゴールドのラメカラーでラインを書き足します。交差部分は中心を避けるとチェック柄らしく見えると思います。

(3)トップコートを塗布、硬化or乾燥をして完成!

秋冬チェックネイル

2本以上デザインする場合は色を逆にしてラインを引くなどすると遊び心があっていいですね。

トレンドファッションにもぴったり♡チェックネイル

ニットやファーなど、トレンドファッションにもぴったりの秋冬チェックネイル。ぜひ挑戦してみてはいかがですか?

ライタープロフィール

セルフネイルアドバイザー・れぃな

セルフジェルネイル歴15年のセルフジェルネイルブロガー。セルフジェルネイルブランドに特化したネイル情報をお届けしています。

    【あわせて読みたい】
    秋のファッションを引き立てる、本格「べっ甲ネイル」のやり方
    差し色でゴールドを効かせて。秋のエレガントネイル
    利き手ネイルも美しく!DIYネイルシートで繊細アートも簡単に
    “こっくりカラー”がおしゃれの合言葉。おすすめの秋ネイルカラー3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
    テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
    「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら