ごきげん手帖

賢くキレイに!毎日手軽に摂れる「機能性表示食品」で女子力を高めよう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

食べることは、美容と健康の基本です。とくに女性らしさを司るホルモンバランスと整えたり、お肌を紫外線から保護したりするためには、しっかりと栄養をとることが欠かせません。

「でも毎日忙しくて、なかなかお料理を作っている時間がない……」という方は、少量でもしっかりと栄養を摂ることができる「機能性表示食品」を選んでみては? 今回は、毎日気軽に摂れるおすすめの機能性表示食品を3つご紹介します。賢く、キレイになりましょう!

トマトジュース

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは、“お腹の調子を整えます”、“糖の脂肪の吸収をおだやかにします”など、健康の維持及び増進に役立つ特定の保健の目的が期待できる食品の機能性を、表示することのできる食品です。科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。

女子力UPの機能性表示食品3つ

(1)大豆イソフラボン子大豆もやし/サラダコスモ

大豆イソフラボン子大豆もやし

一般的なもやしは緑豆を発芽させたものですが、大豆イソフラボン子大豆もやしは、その名の通り大豆を発芽させたもやしですので、大豆イソフラボンが含まれています。しかも、大豆そのままの状態より、大豆イソフラボン、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富になっています。

茹でてサラダにしたり、炒め物にしたりと、使い勝手のいいモヤシ。おなじモヤシを使うのであれば、栄養価の高い大豆イソフラボン子大豆もやしがおすすめです。

(2)カゴメトマトジュース/カゴメ

カゴメトマトジュース

美肌成分としてお馴染みのリコピン。シミやシワ、乾燥などを予防する効果が期待できることで知られていますね。

リコピンは、加熱・粉砕してとったほうが身体への吸収率が高くなることがわかっています。ですから、リコピンはトマトジュースでとって正解!

美肌効果だけでなく、善玉コレステロールを増やす働きがあるそうですから、気温が下がっていくこれからの季節、血液をサラサラにして巡りのよい冷え知らずの身体作りにも◎。

(3)スーパー発芽大豆/だいずデイズ

体内で女性らしさを保つホルモン「エストロゲン」と同じような働きをするのが、大豆イソフラボンです。大豆製品一般に含まれる成分ですが、スーパー発芽大豆には、納豆や豆乳より多くの大豆イソフラボンが含まれています。

発芽にむけて一番栄養を蓄えた状態の大豆を〝蒸して〟いるため、アミノ酸やビタミンなど、水溶性の栄養素も水に溶け出ることがありません。そのため、うま味成分やリラックス成分でお馴染みのGABAや食物繊維、ビタミン、ミネラルも豊富です。

そのままサラダ感覚で食べることができるのもいいところ。大豆イソフラボンはもちろん、その他の栄養素もしっかりとることができます。


忙しい毎日でも、上手に食材を選んで栄養バランスのいい食生活を心がけたいですね。


(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    豆乳より多い!?イソフラボンを摂取できる大豆食品3つ
    20代〜30代女性に豆乳イソフラボンはNG!?卵巣を元気にする方法
    【まとめ】トマトリコピンの正しい摂り方・美容効果・レシピ
    リコピンはトマトの1.5倍!スイカの美容効果がすごい!

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    「機能性表示食品」って何?(PDF) – 消費者庁
    プラス大豆ダイエット – マルヤナギ
    スーパー発芽蒸し大豆 – だいずデイズ
    大豆イソフラボン子大豆もやしとは? – サラダコスモ
    カゴメトマトジュース – カゴメ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら