ごきげん手帖

日本のスーパーフード!「海藻類」で身体の中から美人になろう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「スーパーフード」と聞くと、キヌアやチアシードなど、海外から入ってきたあまりなじみのない食材が多いように感じますが、意外と日本人が慣れ親しんできた食材も多いもの。
そこで今回は、日本人にとってより身近な食材「海藻」をピックアップ。ワカメやのりもスーパーフードのひとつ。毎日の食事に摂り入れて、体の中から美しくなりましょう!

海藻サラダ

海藻類も実は「スーパーフード」だった!

わかめと豆腐の味噌汁

日本人にとって馴染みのある海藻類といえば、味噌汁の具材によく使われる「ワカメ」や、おにぎりに欠かせない「のり」、食べるとホッとする常備菜の定番「ひじき」、焼きそばやお好み焼きのトッピングに使われる「青のり」
昔から親しまれてきたこれらの海藻類、実は立派なスーパーフードなんです。そんな海藻類の美容に嬉しい栄養ポイントをご紹介します。

美腸作りに欠かせない「食物繊維」が豊富!

ウエストを測る女性

海藻類には野菜類に負けないくらい「食物繊維」が豊富。ワカメなどのぬめり成分の正体は、実は水溶性の食物繊維(フコイダン)。
食物繊維は腸のぜん動運動を促進して便通をサポートし、老廃物が腸に溜まるのを防いでくれます。美腸は美肌作りへの近道! 腸内環境が乱れて便秘がちになると、お肌に吹き出物などのトラブルが……。乾燥タイプのワカメなら、賞味期限を気にしすぎることなく、毎日のお味噌汁の具材としてさっと手軽に使えてとっても便利。忙しい人ほど常備しておきたい海藻のひとつです。

丈夫な骨や爪、歯に嬉しいカルシウムも豊富!

笑顔の女性

牛乳などの乳製品や小魚に多く含まれている「カルシウム」。実は海藻類もカルシウムを多く含んでいるんです。
忙しい毎日だと、体に必要とは分かっていてもつい面倒なイメージが強い魚料理を避けてしまう……。大人になってから牛乳を飲む量が減った……。という方は少なくないはず。
そんな人は、白ごはんのお供に、青のりや焼きのりを準備してみては? カルシウムは丈夫な骨格作りや、強くて美しい爪先作りに不可欠。ネイルが好きな方は、爪の健康のためにも意識的にカルシウムを補給したいですね。

貧血予防に嬉しい鉄分も豊富!

食事をする女性

貧血が気になる人におススメなのが「青のり」。青のりは海藻類の中でも特に鉄分を多く含んでおり、その含有量は焼きのりの約7倍。
鉄分は血液のもとになる重要な栄養素。厳しい残暑で食欲が落ち気味……という人は栄養不足から貧血症状が出やすくなることも。
また、女性は毎月の生理で血液が不足しがち。赤身肉など動物性の鉄分とあわせて、青のりなど植物性の鉄分もしっかり補給を! 


海藻類は他にもアンチエイジング効果のあるβカロテンや、むくみを防ぐカリウム、妊活に欠かせない葉酸など、女性の美容と健康に嬉しい様々な栄養素を含んでいます。日々の食事に上手に取り入れたいですね。

【参考】
※斎藤糧三/監修(2016年)「スーパーフード事典 BEST50」(主婦の友社)
※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    食べて痩せる!ダイエットをサポートする食材&レシピ3つ
    レンチンで作れる!美肌にも嬉しい『サーモンと野菜のワイン蒸し』
    キレイをサポート!朝食の定番「シリアル」の種類とオススメの食べ方
    下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら