ごきげん手帖

効率的に体づくりができる!トレーニングの5原則

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

一生懸命トレーニングをしているけれど成果がでない! がむしゃらにやったらけがをしてしまった……。という方はいませんか。
そこで今回は、スポーツトレーナーが必ず勉強する「トレーニングの原則」についてわかりやすく解説いたします。効果的な体づくりのために、ぜひ覚えてくださいね。

ヨガのポーズ

知っておいて欲しい、トレーニングの原則5つ

(1)全面性の原則

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

トレーニングをする際は、一か所だけに偏らずに、全ての面でバランスよく鍛えるようにしましょう!
アンバランスな状態の体では、かえって不調や怪我にも繋がってしまいます。

(2)自覚性の原則

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

トレーニングを行う際に、どこを鍛えているのか自覚しながらおこないましょう! 
しっかりと自覚することで、トレーニング効果も向上します。

(3)漸進(ぜんしん)性の原則

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

ある一定期間トレーニングを続けて体力がついてくると、今までと同じ負荷で続けても効果があらわれにくくなります。
自分の体力の向上に合わせて、負荷も少しずつ(漸進的に)上げていきましょう!

(4)個別性の原則

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

それぞれ顔が違うように、体力にも個人差があります。
個人個人の年齢や性別、体力のレベルに合わせて負荷を決めましょう!

(5)反復性の原則

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

トレーニングの効果を得るためには、繰り返しおこないましょう!
3日坊主はダメですよ!


どうですか? これらの原則を頭に入れてトレーニングすれば、より効果的にカラダづくりができるはず。
がんばってトレーニングしているけれど、効果がイマイチ……と悩んでいるあなたもこれで大丈夫! しっかり鍛えて、トレーニングライフを楽しんでくださいね。

ライタープロフィール

健康美&乳がん啓発運動指導士:MIKA

女性の心とカラダの「健康美」を応援する「健康美運動指導士」。
フィットネス指導歴28年。大手スポーツクラブの正社員を経てフリーランスに転向。
ハワイや日本でも流行中のサップヨガやビーチヨガ、ピラティスの指導をはじめ、各種イベント講師、健康美コラムニスト、乳がん啓発運動指導士として幅広く活動中。

【保有資格】

乳がん啓発運動指導士/健康福祉運動指導者/JAFA / ADI(日本フィットネス協会認定インストラクター)/日本フィットネス協会 認定インストラクター&エグザミナー/日本サップヨガ教会認定 SUPヨガインストラクター/全米ヨガアライアンス(yoga Alliance RYT-200)(National Yoga Teacher’s Registry)/グラヴィティヨガ認定インストラクター/FTPマットピラティス インストラクター認定/STATE OF HAWAII MASSAGE THERAPIST/CPR&AED

    【あわせて読みたい】
    トレーニングの大原則「ルーの法則」とは?成果が出るトレーニング法【前編】
    筋肉ほぐしが重要!筋トレ効果が劇的に変わるヨガ&ストレッチ
    忙しくてジムに行けない人に!おうちトレーニンググッズ3選
    痩せボディへの近道!基礎代謝を上げるスクワット

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    夏の“下半身太りスパイラル”を解消!太もも引き締めエクサ
    足の甲がポイント!サンダルが似合う足になるケア&エクサ
    “気象病”に振り回されない!自律神経を整える習慣3つ
    たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら