ごきげん手帖

重〜い肩をすっきり!タオルを使った肩こり解消ストレッチ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

マッサージや整体に行っても、またすぐに肩が重だるくなる……という方も多いのではないでしょうか?
日々積み重なっていくそのツライ症状を自宅で簡単に解消できたらいいですよね。今回は身近な「タオル」を使った肩こり解消ストレッチをご紹介します。

ゆっくりと肘を曲げ、肩の位置までタオルを下げる

(1)タオルを持ち、頭の上まであげる

タオルを伸ばしながら頭上まで持っていく

両足を揃えて背筋をまっすぐに伸ばして立ちます。
タオルの両端を持ち、たるませずにピンと伸ばし、息を吸いながら頭の上に手を持っていった状態を20秒キープしましょう。

(2)腕を伸ばしたまま左右に動かす

腕を伸ばしたまま左右に動かす

腹筋をキュッと引き締め、腕をピンと伸ばしたまま左右に動かすストレッチを往復10回行いましょう。

(3)ゆっくりと肘を曲げ、肩の位置までタオルを下げる

ゆっくりと肘を曲げ、肩の位置までタオルを下げる

脇をキュッと引き締め、ゆっくりと肘を曲げ、肩の位置までタオルを下げます。
肩甲骨を寄せるように意識し、20秒キープしましょう。

(4)タオルを上下に移動させる

タオルを上下に移動させる

姿勢をまっすぐに腹筋をキュッと締め、腕をまっすぐに伸ばしタオルを前に持ちます。そのまま頭の真上に伸ばし、上下に動かすのを10回繰り返し行いましょう。

(5)腕を後ろに伸ばして上下に動かす

腕を後ろに伸ばして上下に動かす

同じ姿勢のまま腕を後ろにまっすぐ伸ばし、肩甲骨を閉じながら腕を上下に10回動かしましょう。

肩こり解消のために意識するポイント

・肩甲骨を上下、左右に大きく動かしましょう

同じ姿勢が続いたり、肩甲骨を動かさなかったりするとガチガチに硬くなりやすくなるので、意識して上下、左右に動かしましょう。

・緊張している胸の周りをほぐしましょう

前傾姿勢や緊張した状態が続くと肩や首が前に出て体を引っ張ってしまうので肩や胸周りを開くように意識しましょう。

・腕を大きく動かしましょう

手先を動かすことはあっても、肩や腕を大きく動かすことってなかなかないですよね。動かさずにいると肩や首、肩甲骨が硬くなるのでなるべく動かすよう意識しましょう。


重だるい肩こりを解消させるためには日頃から腕や肩、肩甲骨を意識して動かすことがポイントです。
タオルを使えば、腕の支えになるので動かしやすくなりますよ! ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。


(エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ)

    【あわせて読みたい】
    辛いときはデスクでこっそり「肩こり解消」ハンドリフレ
    座ったままでOK!オフィスで出来る肩こり解消ストレッチ
    仕事や家事のスキマ時間でOK!つらい肩こり解消法まとめ
    肩こり解消やお腹ヤセを叶える!骨盤ツイストストレッチ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    夏の“下半身太りスパイラル”を解消!太もも引き締めエクサ
    足の甲がポイント!サンダルが似合う足になるケア&エクサ
    “気象病”に振り回されない!自律神経を整える習慣3つ
    たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら