ごきげん手帖

大人の肌にはバームのうるおいと癒しを。厳選クレンジングバーム3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日何気なく行っている「クレンジング」。忙しさにかまけて「メイクが落ちれば良いや!」と、疎かになっていませんか? 
クレンジングや洗顔料は洗い流してしまうものだから、と軽んじている人を見かけると、クレンジングこそが1日の癒やし時間になり得るのに! と、もったいなく感じてしまいます。

クレンジングバーム3選

そこで今回は、顔を洗う時間を「癒やしのひととき」に変えてくれる、おすすめのクレンジングバームをご紹介します。


クレンジングバームとは

「クレンジングバーム」は、その名の通りバーム状、つまり固形のクレンザー。構造としてはクレンジングオイルと似ていますが、商品によってはクレンジングオイル以上にお肌に潤いが残るものもあり、「重たいモイスチャライザーを付けるのは嫌だけど、乾燥は気になる」という方にも適しています。

モスリンクロスで拭き取るタイプのものと、そのままぬるま湯で洗い流すことが出来るタイプがありますが、海外生まれのクレンジングバームは拭き取りタイプのものが多いようです。
クレンジングバームは固形であるため厚みがあり、お肌と手指の間でクッションのような役割を果たしてくれるため、摩擦が気になる方や、マッサージを楽しみたい方におすすめ。液垂れしない点も◎。

Amazing Face Moringa Cleansing Balm /Emma Hardie

100g £39.00

Amazing Face Moringa Cleansing Balm

イギリスのナチュラルコスメブランド『Emma Hardie(エマ・ハーディ)』のクレンジングバームは、数々のビューティアワードを受賞した大人気商品。
グレープシードオイルやスイートアーモンドオイルがお肌を柔らかくし、モリンガ種子エキスやシーフェンネルが開いた毛穴にもアプローチ。お肌に触れるととろけるように馴染むテクスチャで、メイク汚れもすっきり落としてくれます。

オレンジ、ローズ、ネロリ、ジャスミン、シダーウッドといったエッセンシャルオイルが織り成す香りは、まるでスパのような非日常感を演出してくれます。

乾いたお肌によく馴染ませたら、熱めのお湯にくぐらせてよく絞った付属のモスリンクロスを顔の上に乗せて深呼吸。ローズやジャスミンといったエッセンシャルオイルの香りは、女性ホルモンのバランスを整えてくれるともいわれています。

仕事から帰って、自分の中の女性らしさと対面するひとときを。最後にクロスでやさしくバームを拭き取ったら、次のステップへ。ダブル洗顔は不要です。

国内未発売ですが、「Cult Beauty」というイギリスの通販サイトを通して、日本からも購入することが出来ます。

Ca バタークレンザー/The Organic Pharmacy(オーガニック・ファーマシー)

75ml 7,800円(税抜)

Ca バタークレンザー

薬剤師としてのキャリアを持つ創設者 マーゴ・マローンによって立ち上げられた イギリスのオーガニックコスメブランド『The Organic Pharmacy(オーガニック・ファーマシー)』は、薬学と自然療法をかけ合わせたユニークなブランド。良質な原料を用いて作られた商品は、使い続けることでダメージを受けにくいお肌を育てるといいます。

同ブランドにはパワフルな商品がたくさんありますが、一番人気の高い商品が「Ca バタークレンザー」。
15種類の天然由来成分で作られたこのクレンジングバームは、『Emma Hardie』のものよりも固めで、冬場はスパチュラで削り取ってから、手のひらの体温でよく溶かしてから顔に塗布します。
カレンデュラオイルやサンフラワーオイルがメイク汚れを分解し、シアバター、ミツロウ、カカオバターといった保湿成分がお肌を柔らかく整えます。

おすすめマッサージ法

たっぷりのバームを乾いたお顔に乗せたら、お肌をやさしく引き上げるように、顎から耳にかけてマッサージ。耳の下のリンパがゴミ箱のつもりで、引き上げたものをどんどん耳の下に流していきます。こちらも付属のモスリンクロスを熱めのお湯にくぐらせ、やさしく拭き取ります。そして、お化粧水やクリームを付けるときに、鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして、軽く10回ずつさすります。こちらはThe Organic Pharmacyのトレーナーさんに教えていただいたマッサージなのですが、「これだけでむくみが解消されたり、お肌の調子が良くなるのよ! 」と仰っていました。

このクレンジングバームは保湿力が抜群で、拭き取ったあともしっかりとした油膜感が残るので、ドライスキンの方に最適です。

バームオレンジ/ラフラ

100g 3,000円(税抜)

バームオレンジ

こちらは、日本のブランド『RAFRA』のクレンジングバーム。お肌になじませるとふわっと温かくなり、毛穴に詰まった皮脂汚れを柔らかく落ちやすくしてくれます。

ハチミツのようなテクスチャと、フレッシュオレンジジュースのような爽やかな香りがとても気持ち良いだけでなく、ごわつきの原因ともなる古い角質をすっきり落としてくれる機能的なクレンジングバーム。
オイルベースではないにも関わらず、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラの落ちも◎。

乾いたお肌によくなじませたら、少量のぬるま湯を加えて乳化させることで、よりメイク落ちが良くなります。モスリンクロスでの拭き取りは不要なので、そのままぬるま湯で洗い流せばOK。
さっぱり、つるん! とした洗い上がりは、オイリースキンの方にもおすすめ。

潤う、そして癒される

クレンジングバーム比較

今回ご紹介したクレンジングバームは、どれも突っ張らず、お肌に潤い感を残してくれるもの。その度合いでいえば、

The Organic Pharmacy>Emma Hardie>ラフラ

といった具合で、とにかく乾燥が気になる! という方にはオーガニック・ファーマシーの「Ca バタークレンザー」がおすすめです。
オイリースキン、コンビネーションスキンの方は、油膜感の残るクレンジングバームを避けがちかもしれませんが、季節を問わず日中のひどいテカリに悩んでいた筆者は、重たいモイスチャライザーを付ける代わりに、クレンジングをバームタイプに変えたところ、少しずつ肌質が変わり、今や真夏でもテカリづらくなりました。

そして、クレンジングバームを使い始めてから、じっくりマッサージをしたり、モスリンクロスで蒸しタオルパックをしたり……と、顔を洗うプロセスを楽しむことが出来るようになりました。これは香りやテクスチャがもたらす、不思議なラグジュアリー感によるものなのだと思っているのですが、仕事から疲れて帰宅したときの「顔を洗うのが面倒だなぁ」という気持ちが一切なくなり、むしろ「寝る前の癒やしタイムが楽しみだな」と思うように。


皆さんも明日から、クレンジングバームに癒やされてみませんか?

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

ビューティブロガー・Nicole

海外コスメに目がないビューティブロガー。東京、時々ロンドンを拠点とし、常に美容情報を収集中。

    【あわせて読みたい】
    SNSで可愛すぎると話題!海外コスメを使ったメイクテク
    こんなの欲しかった!“崩れ方がキレイ”なベースと崩れにくいパウダー4つ
    秋メイクは唇から。軽やかタッチのダークリップ #プレミアムコスメ
    私の眉毛は消えません!眉ティントのやり方とおすすめアイテム3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
    お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
    浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
    毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選

    【参考】
    Amazing Face Moringa Cleansing Balm  – Emma Hardie(エマ・ハーディ)
    Ca バタークレンザー – The Organic Pharmacy(オーガニック・ファーマシー)
    バームオレンジ – ラフラ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    アイテムの最新記事はこちら