ごきげん手帖

仕上がりが激変する!パーツ別メイクブラシの選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

メイクの仕上がりがイマイチだと、「このコスメは私に合わないのかも。」「もっと良いものを探して買わなきゃ…。」と残念に感じた経験はありませんか? そんなときは新しいコスメを買う前に、メイク時に使っているツールを見直してみましょう。これらのアイテムを適切なアイテムに変えるだけで驚くほど仕上がりが変わるものです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

今回はメイクの仕上がりをワンランクアップさせてくれるブラシの選び方を、パーツ別にご紹介いたします。

ベースメイク

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

中央)リキッドファンデや下地はスポンジでもOKですが、パウダーファンデは別。スポンジで全体を仕上げると厚塗りになってしまいます。中央のブラシのように密度の高い平面ブラシに含ませ、クルクル塗ることで自然な仕上がりになりますよ。

右)斜めカットの筆はチーク・ハイライト・シェーディング使いにオススメ。

左)大きめの柔らかいブラシはフェイスパウダーなどマルチ使いに◎。

アイシャドウ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

a)まぶた全体に塗りたいときは平らでコシのあるブラシをチョイス。ひと塗りで均一に塗ることができます。

b)色をふんわりのせたいときは柔らかいブラシを。ブレンディングにも使用できます。

c)締め色など狭い範囲に塗りたい場合には細いブラシを。ピンポイントで塗ることができるので、塗りすぎた! などの失敗を減らせます。

d)大胆に色をのせたいときにはチップタイプを。筆よりもしっかりと色づきメリハリをつけられます。

e)近年流行しているグロスシャドウにはシリコンチップを。均一に塗れてよりキレイなツヤ感がでます。


いかがでしたか? メイクブラシを選ぶ際はいずれもチクチクしない肌当たりのやさしいものを選んでくださいね。


(美容ライター・松倉 明日香)

    【あわせて読みたい】
    目元に明るさと透明感を!大ブームのネイビーコスメ活用術
    洗練された女性に。眉メイクで垢抜ける方法
    化粧直し要らず!?10時間以上もつ崩れない・ヨレないファンデ5選
    1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
    お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
    浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
    毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら