ごきげん手帖

疲れを溜めない女性に。目元を優しく癒すハーブ湿布のつくり方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

パソコンやスマートフォンを使う機会が多い時代。気をつけていても目が疲れてしまうことが多いですよね。そんな時にもハーブ が活躍! 
コツさえつかめば、お金をかけずにカンタンに自宅ケアが可能。疲れ目を優しく癒し、目元をスッキリさせてくれる、ハーブ湿布をご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

疲れ目は冷やす?温める?

アーユルヴェーダでは首から上は温めてはいけない場所とされています。特に目は、「ピッタ」と呼ばれる火の要素を持っているからです。
熱を溜めやすい部分だとも考えられており、火の要素をさらに温めてしまうと、不調の原因になるといわれています。そのため目が熱いと感じたり、充血やかゆみ、痛みを感じる時は、目を冷やしてあげるのがオススメです。

ハーブ冷湿布の作り方

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

<準備するもの>

・ドライハーブ・・・3g

使用するハーブは「ジャーマンカモミール」がおすすめです。ジャーマンカモミールには消炎作用が期待できるといわれています。
また肌の保湿や調子を整えてくれる効果も期待できるため、よくスキンケア化粧品に配合されているハーブです。

・お鍋

・茶こし、またはザル

・水・・・300g

・両目を覆えるくらいの大きさのガーゼ、またはやわらかい布

<作り方>

(1)お鍋に水を入れ沸騰したら火を止めて、そこへハーブを入れフタをします。鍋の熱が取れて冷めるまでそのまま抽出します。

(2)(1)のハーブを茶こしかザルで漉します。

(3)(2)を冷蔵庫で冷やします。

(4)冷えたハーブの抽出液にガーゼ、または柔らかい布を浸して目に当てます。

(5)目に当てたガーゼや柔らかい布が温まる前にはずし、(4)を数回繰り返します。

ハーブ湿布は、使い切りがおすすめです。抽出したハーブ液が残ってしまった場合は、その日の夜、出がらしのハーブと一緒に湯船に入れてハーブ風呂にすると簡単に使い切ることができます。出がらしのハーブはお茶パックに入れてからお風呂に使用すると、あとの掃除がラクチンです。


まぶたが重いと眠そうな印象を与えてしまうもの。日々のお手入れでスッキリ! 明日のパッチリアイを手に入れましょう。


(Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子)

    【あわせて読みたい】
    疲れた首や肩をじんわりほぐす。手作り『ハーブ湿布』で部分ケア
    余裕のある日々のために。ハーブティーを生活に取り入れよう
    【#美金 vol.34】デートは清楚な香りを味方に。彼を虜にするフレグランス
    1日の始まりに優しい香りをまとう。手作りサシェで衣類も良い香りに

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
    パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
    【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
    30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら