ごきげん手帖

本当に役立つ食べ方してる?ナッツのメリット・デメリット

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美容と健康に役立つおやつとして、すっかりお馴染みになったナッツ。積極的に食べている方、やっぱりカロリーが気になる方、いろいろだと思いますが、どんな食べ物にもメリット・デメリットがあります。
美容と健康に役立つナッツの食べ方を考えてみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

ナッツの美容と健康に役立つ食べ方

(1)食べる量は1日10粒を目安に

「両手に収まる程度」「1日50g」など、目安としている量はさまざまですが、ナッツが肥満の予防に役立つとされている研究は、アメリカで行われたものが多いです。
体格差を考えると、小柄な日本人であれば1日10粒程度(10~20g)を目安に食べるといいのではないかと考えられます。
また、「これなら大丈夫!」と、いくらでも食べるクセをつけてしまうのもよくありません。ナッツは口当たりがよいので、「気がついたら一袋食べていた」なんてことにならないよう、食べる分だけお皿にとって食べましょう。

(2)どのナッツを選ぶ?

ナッツにもいろいろな種類があり、含まれる栄養素も違います。
身近なアーモンドとクルミを比較してみると、アーモンドはオレイン酸や食物繊維が豊富で、クルミはオメガ3系脂肪酸が豊富です。普段から食物繊維不足が気になる方はアーモンドを、良質の脂肪酸をとりたい方はクルミを選ぶなど、ご自身の目的にあったナッツを選びましょう。

(3)シュガー・ソルト・オイルフリーのナッツを選ぶ

美容と健康に役立つナッツであっても、お砂糖や塩、油で味付けされているものでは、余分なものを一緒に摂ることになります。素炒りのナッツを食べましょう。

(4)無理して食べない

いくら美容や健康に役立つものでも、無理して食べる必要はありません。今まで食べていたお菓子とナッツを置き換えることで、よりいい効果が期待できます。
また良質な脂質とはいえ、食べ過ぎれば脂肪の蓄積の一因となります。ナッツは食物繊維や脂肪分が多く、またしっかり噛んで食べることができるので、満腹感の高い食べものです。
夕食の時間が遅くなりそうな時の夕方のおやつや、朝食に取り入れるといいでしょう。


ナッツは、ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維・良質の脂質など、身体にいい栄養素がたっぷり詰まっています。上手に食生活に取り入れて、食べてキレイを実践したいですね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    ダイエットが続く!?ピーナッツの意外な効果3つ
    ナッツを食べて血行促進!新陳代謝アップのお手軽メニュー
    緑茶との組み合わせが最強!? くるみのダイエット効果とは
    生理前の過食は栄養不足かも!?生理前に食べたい食べ物3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら