ごきげん手帖

ゆらぎ肌ケアや体調管理に!ビタミン・ミネラルをとろう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

初夏の気配がチラホラと見え隠れする今日この頃。春から夏へと移行するこの時期は、間もなくやって来る梅雨もあり、気圧の変動やお天気の急変が多いもの。「気象病」という言葉があるように、私たちの体調やお肌の調子も乱れがちです。そんな時期の体調管理や美肌作りに欠かせないのが「ビタミン」と「ミネラル」なんです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

「ビタミン」と「ミネラル」とは?

ビタミン、ミネラルは主に野菜や果物に多く含まれている栄養素。どちらも私たちの体の各器官の機能を正常に保つ働きが期待されています。私たちの体内では生成・蓄積されないものが多いため、食べ物から毎日積極的に摂ることが大切です。忙しくてなかなか自炊が出来ない……という人は、朝ごはんに季節のフルーツを取り入れることからはじめてみては?

「ビタミン」についておさらいしよう!

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEなど様々な種類があるビタミン。ビタミンDは紫外線を受けることで私たちの皮膚でも生成されますが、他のビタミンはほとんど生成されることはありません。美肌作りやダイエットにも欠かせないビタミン類は、緑黄色野菜・果物・豆類などに豊富に含まれています。


【ビタミンの種類】

ビタミンには「水溶性ビタミン」といって水に溶け出しやすい性質のもの、「脂溶性ビタミン」といって水に溶け出しにくく油に溶け出しやすい性質のものがあります。
水溶性ビタミンは生のままいただくか、汁ごと頂けるスープやスムージーなどで食べるのがおススメ。脂溶性ビタミンはオリーブオイルなどと一緒に炒め物にしたり、良質オイルが豊富な青魚などとあわせて調理するのがおススメです。
脂溶性ビタミンは「ビタミンD」「ビタミンA」「ビタミンK」「ビタミンE」の4つだけ(DAKE)。これさえ覚えておけば、ビタミンを無駄なく効率よく摂取することができますよ!

「ミネラル」についておさらいしよう!

ミネラルは私たちの体内では生成されない栄養素。ナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など様々な種類があります。
ミネラルは体を作る重要な構成成分でもあり、ビタミンと同じく、体の機能をスムーズにする働きも。貧血予防に欠かせない鉄、むくみ予防に欠かせないカリウムなど、女性の美容と健康に嬉しい栄養が多いのも特徴です。

どんな食材を摂ればいいの?

ビタミン補給には緑黄色野菜や果物類、豆類がやはりおススメ。種類豊富なミネラルを補給するには、野菜類全般に加えて魚類・肉類をバランスよく摂ることが大切です。特に青魚・納豆・卵などは栄養バランスも良く、ビタミン類もミネラル類も豊富な上、日々の食卓に取り入れやすいので忙しい方におススメです。


季節の変わり目、気候の変動に左右されない元気な体を食事でしっかり作っていきたいですね。


(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

    【あわせて読みたい】
    アウトドアで簡単に作れる!ローストビーフとアレンジレシピ
    小さくても超優秀!春はビタミンたっぷりの「芽キャベツ」を食べよう
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
    下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    ※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
    ※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
    ※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら