ごきげん手帖

一緒に食べればよりキレイになれる!? 効果的な腸活の方法とは?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美容と健康のため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を欠かさないという方も多くなりましたね。腸内フローラは、私たちの健康と深くかかわっているため、腸内フローラをいい状態に保つことは、健康美を作るうえで欠かせない要素です。
腸にいい食生活をしているはずなのに、いまひとつ効果が感じられない方は、食べ方を変えてみるといいかも知れません。そのヒントになるのが、プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に食べる「シンバイオティクス」です。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

■腸内フローラを改善!「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

(1)プロバイオティクス

プロバイオティクスとは、食べることで腸内フローラの改善に役立ち、私たちの健康に有益に働く細菌や酵母のこと。乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、麹菌などがプロバイオティクスです。 これらの菌を含んだヨーグルトなどの食品を、プロバイオティクスと呼ぶこともあります。
とくに、トクホ(特定保健用食品)のマークがついた商品は、効果が証明されたものになりますから、プロバイオティクス食品を選ぶ一つの基準となります。


(2)プレバイオティクス

プレバイオティクスとは、小腸などで分解吸収されずに大腸に届き、私たちの身体に有益な働きをする菌のエサとなって腸内フローラのバランスを改善し、私たちの健康に役立つ成分をさします。具体的には、オリゴ糖や一部の食物繊維がプレバイオティクスとして認められています。


■一緒に食べて効果UP!「シンバイオティクス」とは?

プロバイオティクスとプレバイオティクスは、一緒に摂ることで相乗効果が生まれ、腸内フローラを改善する働きが強まるのだそうです。このことを「シンバイオティクス」といいます。

ヨーグルト+フルーツ

ヨーグルト+オリゴ糖

納豆+大根おろし

味噌+野菜

などを組み合わせて摂ることで、より腸内フローラを改善する働きが期待できます。


毎日ヨーグルトや納豆を食べているのに、いまひとつ効果が実感できていない方はもちろん、忙しくて食生活が乱れがちな方でも、2つを一緒に摂るだけなら簡単ですよね。同じ食べるなら効果的に! 相乗効果が期待できる組み合わせを選んでみてはいかがでしょうか。


(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    【まとめ】5月15日はヨーグルトの日!ヨーグルトの食べ方あれこれ
    生乳・牛乳・乳製品…ヨーグルトの原材料の違いとは?
    ビフィズス菌でヤセ体質に!?ダイエットのためのヨーグルト
    ネバリが効く!?ダイエットで食べるべきヨーグルトとは?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    シンバイオティクス – ヤクルト本社

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら