ごきげん手帖

1日の始まりに優しい香りをまとう。手作りサシェで衣類も良い香りに

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日仕事に出かける前に洋服に着替える。袖を通したとき、自分の好きな香りが優しくただよう……。それだけでその日の気分が高揚して、ワクワク楽しくなってしまいます。そんな素敵な毎日を始めるために、香りのサシェを作ってみませんか?

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

■サシェってどんなもの?

「サシェ」を簡単に説明すると香り袋のこと。クローゼットや衣類の入ったタンスなどに入れて使用します。

一般的に販売されているサシェは、石油由来のもので香りを持続させていることが多いため、その分香りも長く楽しめますが、強い香りが苦手な方には辛いもの。

今回ご紹介する手作りサシェは、香りが苦手だと感じる方にもぴったりの優しいものになります。植物から採れる天然のエッセンシャルオイルで香りづけしたものなので、ふんわりと香りますよ。香りづけするハーブも自然のものだから安心です。


■さっそくサシェを作ってみよう

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

<準備するもの>

・ガーゼやいらなくなった薄手のハンカチ・・・ 市販で販売されている、一番小さなハンドタオルくらいの大きさがあればOK。(ハンカチを平置きして、スマホを2つ置いても余るくらいの大きさ。)

・ドライハーブ・・・ 大さじ1~2杯(この分量は上記のハンカチの大きさで必要な量です。作るサシェの大きさによって調整してください。)

※透け感のある素材のレースのハンカチなどを使用する場合は、ハーブはレッドローズペタルを入れると見た目もキレイです。

・お好きなエッセンシャルオイル

ドライハーブに使用する植物と同じ香りでなくてもOKです。
ラベンダーやペパーミントには防虫効果が期待できるといわれています。清涼感のある香りがお好みの方にはおすすめです。

・リボンか麻ひも

・大きめの器(プラスティックでないもの)


<作り方>

(1)ドライハーブを大さじ1~2杯くらい器に入れます。

(2)(1)にお好きなエッセンシャルオイルを2~3滴垂らし、割りばしなどでざっくりと混ぜます。

(3)エッセンシャルオイルがドライハーブになじんだら、すこし放置して水気を飛ばし、乾燥させます。その後、ハンカチの上に乗せます。

(4)ハンカチの4つ角を中心に集めて巾着のようにして、中身が出ないようにヒモで留め、巾着状にしたハンカチを、形が崩れないようにテーブルにそっと置きます。

(5)次にハンガーなどに吊るす用のヒモを作るために、20cmくらいにカットしたヒモを用意し、巾着の上に縦に1本、置きます。

(6)その20cmくらいにカットしたヒモも一緒に、巾着の口の部分を中身が出ないように別のヒモで縛り、最後はリボン結びに。

(7)切りっぱなしで縦になったままの20cmのヒモは、上下を持って、輪になるように固く結びます。

この縦にしておいたヒモが吊るすための輪になります。

※クローゼットに吊るさない場合は、縦のヒモを入れる必要はありませんので、普通に巾着の袋を閉じてください。

(8)衣類に直接触れないように入れるorクローゼットの中に吊るせば完成です。

アロマオイルやハーブによっては、色がついている物もあります。水気に触れることで、色が染みて他の物についてしまう可能性もありますのでご注意ください。心配な方は、ガーゼに色のないアロマオイルを染み込ませ、乾燥させた状態でハンカチに包むとGood。


女性の朝一番が、毎日キラキラと輝けるように。気持ちの良いスタートで、気分を高めてあげてみてはいかがでしょうか?


(Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子)

    【あわせて読みたい】
    #私のごきげん習慣『お肌も心も癒やされるお守りスキンケア』
    余裕のある日々のために。ハーブティーを生活に取り入れよう
    【#美金 vol.34】デートは清楚な香りを味方に。彼を虜にするフレグランス
    夏は柑橘系の香りがモテる!?出会いを誘うおすすめ香水3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
    パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
    【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
    30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら