ごきげん手帖

ダークカラーが先だった!? アイシャドウを上手にグラデーションさせる方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

学生の頃、雑誌を見ながら練習したアイメイク。「上手にメイクができるようになった!」と思ったあの頃から、アラサーになった今でもそのメイクでいませんか? でもちょっと待って。本当にアイシャドウでキレイなグラデーションを作れていますか? 今さら上手なグラデーションのやり方なんて聞けない…という方のために、キレイにグラデーションを作るコツをご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

■暗いカラーから塗っていくと短時間で上手に仕上げやすい!

アイシャドウパレットを使うとき、どういった順番でアイシャドウを塗っていますか? ハイライト→ミディアムカラー→ダークカラー、といった順番で塗っている方も多いでしょう。それも正解、間違いはないのですが、短時間でキレイに仕上げるためには、その逆の順番で塗ると良いです。アイシャドウは目元に陰影をつけて立体感をメイクするもの。「陰影部分」から塗っていくと、より立体的な目元を演出しやすいのです。


グラデーションシャドウには「平筆」が相性良し

使うツールは平筆。チップは濃く発色するので、失敗したときに目立ってしまいがち。ふんわり色付くブラシを使いましょう。

(1)まず、ダークカラーを平筆に取ります。そして、平筆を横にして、目の際にラインを引くようにして塗ります。この要領で、ダークカラーの幅を決めると良いですよ。このように平筆は細いラインも引けるので便利です。

(2)ダークカラーが塗れたら、一度ブラシをティッシュオフし、ミディアムカラーを取りましょう。ミディアムカラーは二重幅よりも若干広めになるようにして塗るのがポイントです。
このときは、グラデーションは意識しなくてOK。

(3)ミディアムカラーが塗れたら、先ほどと同様にティッシュオフし、ハイライトを取ります。このときもグラデーションを意識せずにまぶたに乗せていきます。乗せる範囲はアイホール全体です。こうして、徐々に淡いカラーを重ねていくと、ダークカラーだけが浮いてしまうということを、回避することができますよ。


ワイパーのように境目をボカして

最後に、平筆についた粉を全てティッシュで払ったら、その何もついていないブラシで境目をボカしていきます。まずは、ハイライトとミディアムカラーの境目を、次にミディアムカラーとダークカラーの境目をぼかします。
目の中央部分を起点として、ワイパーのように左右に動かしてみてください。簡単にボカすことができますよ。

■アイシャドウを塗る順番と最後のひと手間でキレイなグラデーションに

アイシャドウを上手にグラデーションするコツは、塗る順番と最後にきちんとブラシでボカすことです。アイシャドウパレット付属のチップなどは便利ですが、キレイにグラデーションを作るのは難しいものです。粉含みの良い平筆を1本用意してみましょう。メイクツール一つでその仕上がりも変わってきますよ。


今までと違った塗り方に戸惑うかもしれませんが、簡単にグラデーションが作れるはず。今までキレイにアイシャドウが塗れず、誰かに聞くのもちょっと恥ずかしいかも……と思っていた方は、ぜひ上記の方法を試してみてくださいね。


(美容ライター・西田 彩花)

    【あわせて読みたい】
    華やかな発色に心がときめく!春の新作コスメ3選
    この春はトレンドの「シアーブルー」を纏って柔らかい目元に
    1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは
    化粧直し要らず!?10時間以上もつ崩れない・ヨレないファンデ5選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
    パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
    【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
    30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら