ごきげん手帖

プラスαで食欲をストップ!意識的に食べたい食材4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

普段は大丈夫なのに、ストレスを感じた時や、お酒を飲んだ時、生理前後の一時期などに発生する謎の食欲に悩む人も多いのではないでしょうか。そんな時におススメなのが噛まないと飲み込めないキャベツやゴボウ、リンゴ、ナッツなどの食材です。よく噛むことは満腹中枢を刺激して暴飲暴食の抑止に◎! 
たくさん噛む必要性のある食材は食べると顎が疲れるので物理的にたくさん食べるのが難しいということもメリットといえるのではないでしょうか。通年通して手にいれることができる食材ばかりですので、暴飲暴食ぎみの時に役立ててみて。

20170414namai

■キャベツ

噛み応えがあるキャベツは、噛む回数が多い野菜の1つ。生でいただく方が噛む回数は多くなりますが、短時間での加熱であれば咀嚼回数もそれほど減少しません。

特にお酒がはいると満腹中枢が壊れていつも以上に食べ過ぎて困るという人におススメです。ざく切りにしたキャベツをゴマ油、塩昆布や韓国海苔などと和えたものをおつまみにしてみて。食べ過ぎ防止に最適ですよ。


■ゴボウ

食べると必然的に咀嚼回数が多くなるゴボウ。より噛む回数を多くしたい時は、ピーラーでささがきにするよりも、斜め切りや太目の短冊切りにした方がいいですね。
よく噛むことはダイエット効果の他、脳の働きを活性化したり、虫歯や歯周病のリスクを低下させる働きもあるので、常備菜で定番の金平ゴボウもしっかりと噛めるように切り方を工夫してみましょう。


■リンゴ

菓子パンやお菓子、ケーキなどおやつとして食べることが多い食品は柔らかく、すぐに飲み込めてしまうのが特徴でもありますよね。食べやすいというメリットとともに、食べても食べても満腹にならないというデメリットも合わせもつので、ストレスがたまった時などに食べてしまうと暴飲暴食に繋がりかねません。そこでおやつにおススメしたいのがリンゴ。わざと8分の1個くらいの大きさにして、たくさん噛めるようにするのが◎! 噛む回数が多くなれば顎も疲れてそれほどたくさん食べることができませんよね。甘いものを食べ過ぎてしまうと自覚がある人は、リンゴを加えてみてはいかがでしょうか。


■ナッツ類

くるみやアーモンドもよく噛まないと飲み込めない食材の1つ。サラダにプラスして咀嚼回数を増やすようにするのがオススメ。美容効果が高いことで知られていますが、カロリーも高いので取り過ぎには注意しましょう。適量を心がけながら使うのが吉!


今回は食べるだけで咀嚼回数が増える食材をご紹介しました。止まらない食欲を抑えるためにも、ぜひ活用してみてくださいね。


(ベジ活アドバイザー/一般社団法人食べてキレイになる協会 理事・生井 理恵)

    【あわせて読みたい】
    生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ
    朝からポカポカあたたまる!代謝を上げる朝食メニュー3つ
    下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    噛むことの効用 ひみこの歯がいーぜ – 8020推進財団

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら