ごきげん手帖

オフィスでもおしゃれなメイクがしたい!〜内勤メイクHow to〜

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

マンネリ化しがちなオフィスメイク。特に、内勤の方はいつも同じメイクになってしまう……という方も多いのではないでしょうか? デスクワークをするのにおしゃれなんて……。そう考えているともったいないかも。女性に生まれたからには、職場でもメイクを楽しんでみませんか? ただし、過度なメイクは厳禁。やり過ぎメイクは職場で浮いてしまう可能性があります。さり気なくイメチェンをして、オンモードのあなたをもっと楽しんでみましょう!

■下まぶたメイクに挑戦してみてはいかが?

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

下まぶたにカラーを乗せるなんて、職場には向いていない……。そう思われるかもしれません。しかし、色味をきちんと選べば愛らしさを表現できます。

用意するのは、シアーなピンクのアイシャドウ。パール感のあるものがおすすめです。抵抗がある方は、ピンクパールが入ったホワイトのアイシャドウでも構いません。こうしたアイシャドウを平筆に取り、涙袋にオンしてみましょう。そうすると、一気に愛らしさがアップします。“涙袋は美人の象徴”ともいわれています。涙袋を強調すると、目の縦幅が大きく見えるので、目を大きく見せる効果も期待できます。

下まぶたにアイシャドウを乗せたときは、黒目部分を強調するメイクをしてみましょう。普段使っているアイシャドウパレットの締め色を、黒目の上部分だけ若干太めに入れてみてください。さらに、アイラインも黒目上部分を強調します。こうすることで、愛らしさがグンとアップします。マスカラの塗り方にも工夫をしてみましょう。ロングタイプのマスカラを上下のまつ毛にさらっと塗り、中央部分にのみ重ね塗り。これで黒目重点メイクのできあがりです。


■チークの入れ方を工夫してみるのも◎!

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

チークは顔の広い部分に乗せるアイテムです。つまり、顔の印象を左右するパーツでもあるのです。今までチークをなんとなく塗っていたという方、チークの入れ方を工夫してみませんか? いつもと同じカラーでも、印象が変わってきますよ。

愛らしいチークの入れ方は、ずばり「ハート形」に入れることです。頬骨に沿って入れていたという方は最初は抵抗があるかもしれませんが、フェイスラインの内側までチークを入れることで、顔をシャープに見せることができます。

塗り方は簡単。いつものチークを大きめのチークブラシにたっぷりと取り、表面についた粉をティッシュオフしてください。そして、黒目の下がハートのくぼみになるようにしてチークを入れていきます。内側は鼻から人差し指を置いたとことまでが目安、外側は眉尻の下辺りまでが目安です。頬骨が高く見え、なんともいえない愛らしい印象になりますよ。


■内勤メイクではさり気ない可愛らしさを表現してみて

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

アイメイクもチークメイクも、愛らしく見えるような方法をご紹介しました。
ピリッとした緊張感がある雰囲気の女性もステキですが、一緒にいて和む……そんな人にもなってみたいと思ったことはありませんか? メイクを少し変えるだけで、周囲からの印象も随分変わってくるはずです。過度なキュートメイクは厳禁かもしれませんが、さり気ない愛らしさを醸し出すメイクは大人になってもオススメです。内勤メイクでマンネリ化していた方は、ぜひ試してみてくださいね。


(美容ライター・西田 彩花)

    【あわせて読みたい】
    華やかな発色に心がときめく!春の新作コスメ3選
    この春はトレンドの「シアーブルー」を纏って柔らかい目元に
    1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは
    絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
    パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
    【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
    30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら