ごきげん手帖

寒さに負けない体づくりに!「草鍋」にいれて欲しい野菜3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

もう3月を迎えますが、朝晩はまだまだ寒さが厳しいですね。春まであと少し、寒さに負けない体で元気に毎日を過ごしたいものです。
そんなときにぜひ食べて欲しいのが「草鍋」。野菜を山盛りにして食べるお鍋のことです。草鍋について詳しく知りたい方は、前回の記事「野菜がたっぷりとれる!食べ痩せが叶う「草鍋」ダイエット」(記事下の【あわせて読みたい】記事をチェック!)を読むことをオススメします!
今回は数ある野菜の中でも、特に草鍋に入れたい野菜を3つご紹介いたします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

(1)クレソン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

お肉のつけあわせに使われる「クレソン」。ほろ苦い辛味が特徴の野菜です。クレソンには「ビタミンA」が豊富に含まれています。ウィルスなどの外的から体を守るための免疫力をアップする効果が期待できます。また、ビタミンCの含有量も多く、ビタミンCには疲労回復効果が期待できます。醤油ベースの鍋にいれると美味しくいただけますよ。


(2)ごぼう

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

ごぼうは、ヨーロッパから中国が原産地の薬草野菜。煮物やきんぴらなどで馴染みがある野菜ですよね。そんなごぼう、実は意外な働きをする野菜なんです。
「食物繊維」が豊富で腸内環境を整えることで、免疫力を上げる作用が期待できます。また、食物繊維に含まれる「リグニン」には、抗菌作用があることがわかっています。
ピーラーでささがきにすると、火の通りが良くなり食べやすくなります。塩ベースや醤油ベースの鍋に合うのではないでしょうか。


(3)バジル

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

インドやアフリカが原産のバジル。イタリア料理には欠かせないハーブですね。バジルに含まれる「ビタミンA」や「ビタミンC」は免疫力を上げ、寒さに負けない体を作ってくれます。
バジルの香りの成分「リナロール」や「シネロール」には、食欲増進や抗菌作用などの働きがあります。トマトベースでチーズをプラスしたイタリアンテイストの鍋ですと美味しく食べられますね。


どの野菜も免疫力アップが期待できる「ビタミンA」と「ビタミンC」が含まれています。これらの野菜で寒さに負けない体を作ってくださいね。


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

    【あわせて読みたい】
    野菜がたっぷりとれる!食べ痩せが叶う「草鍋」ダイエット
    生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
    アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
    手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
    美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    【参考】
    クレソン – キユーピー
    ごぼう – わかさの秘密
    バジル – わかさの秘密

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら