ごきげん手帖

今年こそヤセ体質に!デブ菌を増やすヤメたい食べ物まとめ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

昨年は腸内フローラに注目が集まり、TVや雑誌などでたくさんの特集が組まれましたね。なかでも、肥満と関係があると推測される腸内細菌の「デブ菌」・「ヤセ菌」は、注目度が高かったように思います。デブ菌もヤセ菌も、私たちの腸内に住むごくごく一般的な腸内細菌です。同じものを食べても太りにくいヤセ体質を目指して、デブ菌を減らすために“やめたい”食べものをまとめてご紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■デブ菌って何?

デブ菌は、日和見菌に分類される腸内細菌です。腸内フローラがいい状態にあるときには、特別悪い影響を及ぼしませんが、腸内フローラが悪玉菌優勢の状態になると悪玉菌に加勢して、私たちの身体に悪影響を及ぼす存在に変わります。
デブ菌は、食べたものからしっかりとエネルギーを取り込み、必要以上に身体に溜めこむ働きがあるのではないかと考えられています。実際、痩せている人と太っている人を比べると、太っている人に多く存在する腸内細菌だそうですから、できることならデブ菌を減らしたい。そのためには、腸内フローラをいい状態に保つことが必須です。


■デブ菌を減らすために“やめたい”食べもの6つ

(1)砂糖

砂糖は、悪玉菌の大好物です。白いお砂糖だけでなく、果糖ブドウ糖液糖やカロリーゼロの人工甘味料も、身体に悪影響があるといわれていますからできるだけ避けましょう。甘いものが好きな方は、ハチミツやメープルシロップ、オリゴ糖で代用するといいですね。


(2)肉

お肉自体は、タンパク質の豊富な食材です。しかし、肉の脂を分解するのは悪玉菌の仕事です。お肉を食べる時は、脂の少ない牛赤身、豚ヒレ、鶏胸肉などを選び、毎日肉ばかり食べるのではなく、魚と交互に食べる習慣をつけましょう。


(3)小麦粉

小麦粉はグルテンフリーで話題になりました。小麦粉に含まれるグルテンが腸内細菌によって分解される際に産生される毒素が、腸壁を傷つけて腸の状態が悪くなることで、さまざまな身体の不調に関係しているといわれています。「パンだけ」「麺類だけ」という食事を避け、小麦粉をたくさん摂らないようにしましょう。


(4)冷たいもの

私たちの身体は、深部体温が37℃台で正常に機能するようにできています。ですから、冷たい飲みものや食べものばかり摂っていると、身体が冷え、おのずと腸の状態も悪くなります。氷の入った冷たい飲みものをたくさん飲むのは避け、できるだけ温かい飲みものを飲む習慣をつけましょう。


(5)揚げ物

ご自宅で、良質の油を使って揚げたてを食べるのであれば問題ありませんが、買ってきた揚げ物や外食での揚げ物は、どんな油を使っているかわかりません。酸化した油をとると身体にいい影響がありませんから、揚げ物やスナック菓子、ドーナッツなどの揚げ菓子も控えましょう。


(6)添加物の入っているもの

保存料や酸化防止剤などの食品添加物は、国の定めた基準により添加されているものですが、摂りすぎることで、腸内フローラにも悪影響があるといわれています。お総菜やハム・ソーセージ、クリームチーズ、コンビニなどのおにぎりやサンドウィッチも、添加物が多い食べものです。一度に食べる量は少量であっても、ほとんど食べない人と毎日添加物の入ったものを食べている人では、数年後に大きな差が出てきますから、できるだけ避けたいですね。


できるところから少しずつ毎日の食生活を改善して、今年こそデブ菌を減らしてヤセ体質を目指したいですね。


(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    チョコレートで痩せ体質に!?ヤセ菌が増えるチョコの選び方
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    女度高めの煌めく目元で存在感アップ!最旬アイシャドウ3選
    伝説モテメイク・アラフォー流〜アイメイク編〜
    下地も部分使いがベスト!肌悩み別おすすめ化粧下地3選
    30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
    毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
    放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
    伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

    【参考】
    ※岩田麻奈未・著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年)自由国民社

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら