ごきげん手帖

もしや最強!?1日2個のキウイが免疫力・腸力をUPする

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美容や健康に役立つといわれる食品はいろいろありますが、身近なキウイフルーツがとても優秀ということをご存じですか? とくに黄色い色をしたゴールドキウイ(ゴールデンキウイ)は、ビタミンCがとても多く、1日2個のゴールドキウイで、ウイルスに負けない強い身体づくりをサポートし、美容と健康の要「腸内フローラ」を整えることができるようですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■1日2個のゴールドキウイで最強ボディになれる理由2つ

(1)ビタミンCで免疫力をUP

キウイフルーツは、とてもビタミンCが豊富なフルーツです。とくにゴールドキウイは、グリーンのキウイよりビタミンCが多く含まれ、1個(100g)で1日の推奨量以上のビタミンCを摂ることができます。ビタミンCは、コラーゲンの生成やメラニンの生成を阻害する働きがあるため「美肌のためのビタミン」として知られていますが、実は免疫力UPにも欠かせないビタミン。
ウイルスを攻撃する白血球の働きを活性化させ、ウイルスの侵入を防ぐサポートとなります。実際、1日2個のゴールドキウイを毎日食べた実験では、血液中のビタミンC濃度は最大に保たれ、白血球の働きも活性化したそうですよ。


(2)2つの食物繊維で腸内フローラを改善

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなるほか、糖や脂肪を包み込んで吸収を穏やかにする働きもあります。また、善玉菌やヤセ菌と呼ばれる腸内細菌が、水溶性食物繊維を発酵・分解する際に産生する「短鎖脂肪酸」には、総合的な肥満の予防効果があると期待されています。
一方、不溶性食物繊維は、腸内で水分を含んで数十倍にふくらみ、腸壁を刺激して腸のぜん動運動をうながす働きがあります。つまり、どちらの食物繊維も腸内フローラをいい状態に保つために欠かせません。また、腸には全身の免疫細胞の約70%が存在しているといわれていますから、寒くなるこれからの季節、免疫力UPにも腸内フローラの改善が欠かせませんね。


キウイフルーツは、皮をむくだけで食べられる手軽なフルーツです。忙しくなるこれからの季節、免疫力UPに1日2個のキウイフルーツを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    免疫力アップ・冷え取りにも!万能フルーツ「柿」4つの働き
    1日1個で無敵!?肌荒れ防止・美白・風邪予防も叶える「みかん」パワー

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
    アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
    手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
    美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    【参考】
    キウイの豊富な栄養素 – ゼスプリ インターナショナル ジャパン
    成分情報 ビタミンC – わかさ生活

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら