ごきげん手帖

コンビニで買える!手軽につまめる太りにくい夜食4選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

秋になると日の入りが早くなります。秋の夜長はスマホをチェックしたり、雑誌や本を読んだりしながら、ついつい何か口にしたくなるものです。でも、カロリーの高いスナック菓子やあまーいチョコレートを食べるのは、太りそうでちょっと気が引けますよね。
そこで今回は、コンビニでも買える太りにくい手軽につまめる夜食を4つご紹介。どれも身体に良い成分を含んでいるので、罪悪感を感じることもなさそうです。

20161012okano

■甘栗

「甘栗は太る」といったイメージを持っていませんか? それは食べ過ぎるからであって、適量ならば問題はありません。
栗は肌に良い「ビタミンC」を含んでいます。また「カリウム」を含有しているのでむくみを予防してくれる効果も。その他に含まれる「カルシウム」には気持ちをホッとさせる作用があります。
夜食として選ぶコツは、小さいパックで50g前後の製品を選ぶこと。手が汚れる心配もないので、スマホをしながらでも手軽につまめる夜食です。


■枝豆

枝豆が大豆であることをご存知でしたか? 大豆が成熟する前に収穫したものが「枝豆」です。たんぱく質も豊富で脂質も少なく、夜食にうってつけの食品です。
大豆と違い、枝豆には「ビタミンC」が含まれています。ちょっとビールを飲みすぎてしまったときに食べれば、枝豆の「メチオニン」という成分がアルコールを解毒してくれます。食物繊維も豊富なので便秘予防効果もありますよ。コンビニで購入する場合は、小さいパックやコブクロのタイプを選んでください。


■干し芋

スイーツ好きな方は夜食でもつい甘いものを選んでしまいがちです。そんな甘党さんには、自然の甘味の「干し芋」がオススメ。手軽に買えて、少量で満腹感を感じることができます。ただし一袋食べてしまっては多すぎるので、200gくらいの大きさの袋なら1/4を目安に食べましょう。
さつまいもには、肌をキレイにしたり、風邪をひきにくくするビタミンA、C、Eが含まれています。貧血予防にもなる鉄も含まれているので、女性に嬉しい夜食ですね。


■糖質オフのチョコレート

サクッとつまんで食べられるチョコレートは、小腹が空いたときに手軽に食べられるお菓子ですね。
太らずに食べるには、糖質オフのチョコレートを選びましょう。カカオに含まれる「カカオポリフェノール」には血液サラサラ効果やアンチエイジング効果、アレルギーを緩和する効果もあります。
選ぶときは、小さい袋に入っている食べきりサイズを選んでください。糖質オフとはいっても、やはり食べ過ぎは禁物です。


いかがでしたか。秋の夜長のリラックスタイムのお供に、ぜひご活用くださいね。

(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

    【あわせて読みたい】
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
    下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    【参考】
    メチオニン – わかさの秘密
    5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン – みんなの健康チョコライフ(明治)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら