ごきげん手帖

危険!独女が初対面の男性に言うとドン引きされるセリフ4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

婚活中の女性であれば、日々たくさんの男性との出会いを求めていることでしょう。しかし、初対面の男性には言ってはいけないセリフがあります。
うっかり声に出してしまい、「この女性は無いな…」と思われて、貴重なチャンスを逃さないように、しっかりチェックしておきましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■「次に付き合う人と結婚したい」

アラサーの独身女性としては、次に会う人と結婚して安定したい。これは、誰しもが持つ共通の思い。しかし、男性にとってこの言葉はとても重く感じるようです。

付き合う前から「結婚」という言葉を聞くと、「じゃ、やめとこう」と一目散に逃げ出してしまいます。思っていても、口に出すのはやめましょう。


■「誰かいい人紹介して」

出会いを求める女性なら、積極的にご縁を手繰り寄せたいところ。でも、誰かれ構わず「紹介して」と言うのは避けましょう。

特に、出会って間もない独身男性にいうのは諸刃の剣。「俺じゃ役不足かよ。選り好みしやがって」と、悪い印象を与えかねません。「紹介して」というお願い口調ではなく、独り言っぽく「誰かいい人いないかな」とつぶやくのがいいでしょう。


■「年収はいくら以上がいい」

結婚相手を選ぶときに、やっぱり重要なのが「経済力」。しかし、男性に向かって年収の話をするのはご法度中のご法度。「金目当て」の女と見られてしまいます。

さらに、人を数字で見るのは「俺は25歳以下の子じゃないと無理」「俺はDカップ以上の子じゃないと無理」と言っている男性と同類。心では思っていても、言わないほうが無難です。


■「妥協したくない」

一生に一度の結婚だから、やっぱり素敵な人がいいという気持ちは痛いほどわかります。しかし「妥協」とは、時に失礼に聞こえる言い方です。現実を受け入れずに、理想が高いワガママな女性と捉えられてしまう可能性もあります。

妥協という言葉は使用せず「本当に、好きになった人と結婚したい」と言いましょう。そのほうが、悪い印象を与えません。


いかがでしたか。これらは女子会ではおなじみのワードですが、男性の耳に入ると、思わぬ悪印象を与えてしまうワードです。
使い方には注意をして、男性の前でうっかり言わないほうが、よいご縁に恵まれるかもしれませんね!


(東 香名子)

    【あわせて読みたい】
    結婚が遅れる!アラサー独女がやってはいけない4つのダメ恋愛
    2016年版!男性が「奥さんにしたい」と思う女性像とは?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
    毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターおすすめ「夏の化粧下地」6選
    毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
    放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
    伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら