ごきげん手帖

夏バテ予防にはトマト!?夏の朝にトマトを食べるべき理由3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

抗酸化力の強いリコピンが豊富なトマト。リコピンに、紫外線からお肌を守る働きがあることはよく知られていますね。このほか、トマトには脂肪の燃焼をうながす成分も含まれていて、美容と健康に欠かせない野菜なのですが、夏バテ予防にも効果的というのはご存知でしたか? トマトを食べれば、お肌も身体も元気に夏を過ごせそうですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■夏バテ予防にも!?夏の朝にトマトを食べたい理由3つ

(1)「カリウム」で夏バテを予防

むくみの予防に効果的と言われるカリウム。夏は汗をかきやすいため、汗と一緒にカリウムが流れ出ることで、体内のカリウムとナトリウムのバランスが崩れ、むくみやすくなります。このカリウム、実は、夏バテとも関係しています。
カリウムは、心臓や神経、筋肉の正常な動きをサポートしているため、カリウムが不足すると、倦怠感や胃もたれなど、夏バテの症状の一因となるのだそうです。


(2)「リコピン」で紫外線対策

リコピンには、日焼けによるシミやシワを予防する働きがあることがわかっています。とくに、朝にリコピンをとると吸収率が高くなるそうですから、お肌のためには朝にトマトを食べるのがおすすめです。


(3)「13-oxo-DOA」で脂肪の燃焼をうながす

トマトには、脂肪の燃焼をうながす「13-oxo-DOA」という成分が含まれています。とくに、加熱・粉砕してつくられたトマトジュースに多く含まれているのだそうです。リコピンも、加熱・粉砕することで吸収率が高まりますから、トマトジュースが◎。


夏バテ予防・紫外線対策・ダイエットと三拍子そろったトマト。夏の朝は、トマトジュースを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

    【あわせて読みたい】
    痩せにくいのはナゼ?体型別「ダイエット中に減らすべき食べ物」
    常備菜で痩せ体質に!ヤセ菌を育てる乾物&常備菜レシピ3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

    【参考】
    夏場の血中カリウム値について(PDF)(広島市医師会だより 第474号 付録) - 広島市医師会
    朝にトマトを摂ると機能性成分“リコピン”が効率的に吸収されることを確認 - カゴメ
    トマトから脂肪肝、血中中性脂肪改善に有効な健康成分を発見:効果を肥満マウスで確認 - 京都大学
    トマト – わかさの秘密

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら