ごきげん手帖

疲れづらい身体作りとデトックスが叶う「サイドアングル」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

本格的に夏の暑さになってきて、早くも身体がしんどくなってついていけない……なんて感じている人も多いのではないでしょうか。
そんな時こそ身体をしっかりと動かして、体力を強化して今年の夏も元気に乗り越えていきましょう。
そこで今回は、下半身をストレッチして疲れづらい身体作りをしてくれるヨガポーズ「サイドアングル」をご紹介。
サイドアングルは不調が出やすい肩まわりや背面のケアに加え、ツイストさせることで内臓が刺激され、消化力や排泄を促進しデトックス効果も期待できるポーズになっています。さらに集中力を高めるサポートまでしてくれますよ! ぜひお試しあれ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■疲れづらい身体作りとデトックスが叶う「サイドアングル」


STEP1

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

肩の真下に手首を置き、腰骨の真下に膝が来るようにして四つん這いの姿勢になります


STEP2

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

右足を右手の内側に踏み込みます。
この時、ひざが90度の角度になるようかかとの真上にセットします。


STEP3

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

上半身を起こして胸の前で両手を合わせます。


STEP4

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

吐く息と共に上半身を右側にねじり、左のひじを右のひざの外側にかけます。目線は右の肩越しに斜め後ろ天井方向を見ます。

このとき両手の親指は出来るだけ胸の中央をキープし、手のひら同士をしっかりと押し合って胸が狭くならないように注意します。


STEP5

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

余裕があれば左の膝を少しずつマットから離して、かかとと頭頂を引き合うようにしてバランスをとり、深くゆっくりと安定した呼吸を10回ほど繰り返します。


STEP6

(ポーズからの解放)左のひざを床に降ろし、上半身を中央に戻して両手を床につきSTEP1の姿勢に戻ります。

一呼吸置いたら、反対側も同様に行います。

どのヨガのポーズもそうですがバランスのポーズを行う際は、特に左右や前後の中心や支点となっている部位を意識して、ポーズに集中して行いましょう!

呼吸は一定のリズムで、吸う息と吐く息は均等の長さで、出来るだけリラックスした状態で行ってください!


いかがでしたか? 体力に自信がない人やデトックスしたい人はぜひ参考になさって下さいね。


(伊藤 恵里)

    【あわせて読みたい】
    お腹痩せ&デトックスを叶える!脇腹を伸ばす「門のポーズ」
    足痩せは体質を知ることから!3つのタイプ別「足痩せ法」

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
    超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退! 
    おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら