ごきげん手帖

痩せにくいのはナゼ?体型別「ダイエット中に減らすべき食べ物」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

夏に向けて、本格的にダイエットに取り組みたい季節になりましたね。ダイエット中に減らすものといえばスイーツやパンなどの糖質ですが、「糖質を減らしているのに全然痩せない……」という方、もしかすると、痩せない原因は糖質ではないのかもしれません。体型別に、減らすべき食べものと心がけるべきことをご紹介します。

20160522iwata

■体型別「ダイエット中に減らすべき食べもの」は?

(1)下半身が気になる「洋ナシ型」は、脂質を減らす!

若い女性に多い洋ナシ型。20代女性は、太もも部分に脂肪がつきやすいため、下半身がどっしりしがちです。このタイプの方は、脂質の代謝が悪く太りやすいといわれています。 脂身の多いお肉や揚げ物、スナック菓子のような脂質の多い食べものを減らし、脂肪の吸収を抑える働きのあるウーロン茶や、脂肪の代謝を促す働きのある杜仲茶を食事と一緒にとる習慣をつけましょう!


(2)お腹周りを中心にぽっちゃりしている「リンゴ型」は、糖質を減らす!

メタボの指標ともなるウエスト周り。年齢とともに、身体全体に脂肪がつきやすくなるのですが、このあたりに脂肪がつきやすい方は、糖の代謝が苦手なために、内臓脂肪や皮下脂肪がつきやすくなると言われています。 リンゴ型の方は、スイーツやパン、白米などの糖質を減らし、糖の吸収を穏やかにする働きのある食物繊維を増やしましょう!


(3)全体的にポヨポヨしている「バナナ型」は、減らす方法ではダメ!

一見太っては見えないけれど、全体的にポヨポヨと脂肪がついている方は、筋肉量が少ないため、一度太ると痩せにくいと言われています。 なにかを減らすというよりは、卵や魚、脂身の無い肉など、タンパク質の豊富な食べものを食べ、運動をして筋肉を付けて基礎代謝を上げ、糖や脂肪をエネルギーとして燃焼できる身体を作りましょう!


「○○だけダイエット」は、即効性はありますが、痩せ体質を作ることはできません。ご自分の体形に合わせて、減らすべき食べもの、増やすべき食べものを見つけ、バランスの良い食生活で根本からダイエットしたいですね。

(岩田 麻奈未)


    【あわせて読みたい】
    常備菜で痩せ体質に!ヤセ菌を育てる乾物&常備菜レシピ3つ
    昼までダイエット効果が続く!?「朝きな粉」がオススメの理由2つ


    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方


    【参考】
    加齢によるからだの変化 – タニタ
    ウーロン茶重合ポリフェノールの抗肥満作用について 日本栄養・食糧学会大会で発表 – サントリー
    基礎代謝を上げる胆汁酸ダイエット – 小林製薬

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら