ごきげん手帖

5月はお肌の敵がいっぱい!春の悪環境から肌を守る方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

初夏の陽気を感じる日も増え、過ごしやすい季節となりました。その一方で、なんとなく身体や肌の調子が優れないという方も多いのではないでしょうか。花粉症シーズンのピークは過ぎ、暖かくなり快適なはずなのに一体なぜ……!? その原因はズバリ、空気や紫外線など環境の変化によるもの。
今回はこの時期特有のゆらぎ肌を回避し、行楽シーズンをエンジョイするための肌を守る方法をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■春に体調や肌が不調になる理由

実は、3月から5月に向けてのこの時期、あらゆる大気汚染物質や黄砂などの飛散量が一年の間で最も多くなるといわれています。それらの物質が春の強風などにより肌に付着しやすくなり、かゆみや炎症を引き起こすことも。

そして「5月病」という言葉があるように、新年度で気が張っていた方もゴールデンウィークの連休前後で気が緩み、一気に疲れやストレスが出やすくなると言われています。すると、肌の抵抗力が低下し、余計に肌荒れを引き起こしやすくなってしまうのです。

また、5月からは紫外線量も一気に増え、実は真夏とさほど量が変わらないということをご存知でしょうか。

このように、衣替えよりも先に肌環境ガラリと変わるため、肌荒れがおきやすいのです。


■大気汚染

政府の発表によると3月から5月にかけて、PM2.5をはじめとする大気汚染物質の飛散量が増加する傾向にあるといわれています。さらに黄砂も飛来し、一年のうちで最も空気が汚れている季節といっても過言ではないでしょう。
せっかく外で過ごすのが心地よい時期だというのに、空気に触れるたびに不調に悩まされるなんて辛いですよね。

肌に大気汚染物質が付着すると、刺激を与えたり酸化を促す恐れがあります。そのため、キメが乱れ肌のバリア機能を低下させたり、シワやくすみ、肌荒れなどを引き起こしやすくなってしまうのです。


・大気汚染の対策

外出する際には、下地やファンデーションで肌を保護しましょう。ベースメイクは肌の見た目を美しく整えるだけでなく、素肌を外界の刺激から守る効果もあります。
また、外から帰ったらしっかりと洗顔をして、肌についた汚れをきちんと洗い落としましょう。

最近では、UV効果だけでなく大気汚染物質などからも肌を守る下地や、毛穴に溜まったそれらの汚れまですっきり落としてくれるようなスキンケアアイテムも登場しています。
特に気になる日などにはそのようなアイテムを併用するのも良いかもしれません。


■乾燥

連休中や連休明けごろから、心身の疲れやストレスが一気に表れることが。いわゆる「五月病」という状態ですね。
すると肌の角質層の状態も乱れやすくなり、バリア機能が損なわれ、うるおいが逃げやすく肌がかさついてきてしまいます。

このように肌状態も不安定なため、スキンケアでしっかりと保湿しているつもりでも潤いを保てなくなってしまうのです。
高機能な化粧品を使っても乾燥がおさまらず、かえって刺激になってしまいトラブルが起きてしまったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。


・乾燥の対策

まずは洗顔を見直し、不要な角質やごわつきを解消することで肌のターンオーバーを正常化させましょう。健康的な角質層に導いてあげることで肌のバリア機能も改善され、また化粧品の浸透もよくなり保湿効果も高まります。

肌に合わない高機能スキンケアアイテムを使うよりも、自身の肌と相談し、刺激を感じにくいシンプルな化粧水でたっぷりと保湿してあげることのほうが効果が期待できます。

また、睡眠時間を確保し規則正しい生活を心がけ、心身のストレスや疲れを解消することも大切。自律神経を整えることで、肌本来の機能も整うようになります。


■紫外線

最も注意すべきなのが紫外線。実は、5月~6月には紫外線量が真夏並みに急増するというのをご存知でない方も多いのでは? 特に、光老化に関与するUV-Aの量がぐんと増えます。

UV-Aは、肌の真皮層にまで達し、肌のハリや弾力に関わるコラーゲンやエラスチンを変性させてしまうという悪影響を起こします。そのため、シワやたるみを引き起こす恐れがあります。

また、メラノサイトを活性化させてメラニンの生成を促し、さらにすでにできているメラニンを酸化させ、黒くさせる作用もあります。
室内にいる場合でも、UV-Aはガラスを透過するため油断は大敵。


・紫外線の対策

外出する際には、真夏と同じ紫外線が降り注いでいるという意識をお忘れなく! 
SPF値も大切ですが、特にこの時期量が増えるといわれているUV-Aを防御するための数値「PA値」の高いものを選びましょう。最近では、PA「++++」が最高数値となっています。

肌がゆらぎ、デリケートになりがちな季節なので、刺激を受けやすい方はオーガニックのものや敏感肌用のものをチョイスするのがベター。
その場合は数値が低めのものが多いですが、日傘や帽子などを利用し、紫外線が肌に当たらないように工夫しましょう。


いかがでしたか? 気持ちのよい新緑の季節。美容に対してストイックになりすぎず、万全な対策で肌も心も喜ぶ初夏を楽しみましょう!


(軽部 幸菜)

    【あわせて読みたい】
    肌が揺らいだら試してみて!春のゆらぎ肌を乗り切るケア方法
    もうすぐ半袖の季節!気になる「二の腕のブツブツ」の治し方とNG習慣3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
    どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!

    【参考】
    季節と肌「春編」vol.1 春の肌を知ってキレイをキープ! – KOSE
    年間の紫外線量 – 日本ロレアル
    「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点 – 政府広報オンライン
    お肌の5月病!? 原因はストレスと女性ホルモン – ディファインビューティー
    日やけ止めはPA++++へ – 資生堂

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら