ごきげん手帖

夏までに背中美人!繰り返す背中ニキビの原因とセルフケア

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近、背中を鏡で見ていますか? メイクをするため、ボディラインを確認するために鏡を見ることはありますが、背中の確認を怠っている人も多いのではないでしょうか。
汗や皮脂の分泌が多い背中はニキビができやすく、これからの季節は衣服の蒸れもプラスされ、注意が必要です。
繰り返しできてしまうニキビやニキビ跡に悩まされる前に、原因と正しいケアを覚えて、夏までに背中美人を目指しましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■背中ニキビの原因は?


(1)皮脂の過剰分泌

ストレスや睡眠不足は男性ホルモンの分泌を増やします。そうなることで皮脂の過剰分泌を引き起こすのだとか。また、高GI食品や動物性脂肪の多い油っこい食事も皮脂の過剰分泌の原因になります。


(2)毛穴の詰まり

皮脂の分泌が多いと古い角質と混ざって角栓ができ、毛穴詰まりの原因に。また洗い残しが発生しやすい背中は、実はきれいに洗うのが難しい場所。背中を触ってざらつきを感じるなら、それは毛穴が詰まっている状態です。


(3)生活習慣やホルモンバランスの乱れ

夜なかなか眠れない、ストレスを多く感じる、生理前など、背かつ習慣やホルモンバランスが乱れると身体の抵抗力が弱ってしまい、菌に負けてしまうことがあります。こうした抵抗力の低下により、ニキビでおなじみのアクネ菌が大繁殖することで、大量のニキビが発生してしまうようです。


■背中ニキビのためのセルフケア


●石鹸・ボディソープの成分に注目

ざらつきが気になるけど、ゴシゴシ洗うのはNGです。石鹸やボディソープの成分を見直しましょう。

ニキビの原因菌を減らす「殺菌成分」や、毛穴の汚れを吸着する「クレイ」、角質を取り除くAHAなどの「ピーリング成分」が入ったものを使うと効果的です。


●体を洗う順番に気をつける

シャンプーやリンスの洗い残しが背中に残りやすいので、洗う順番に気をつけましょう。基本は洗髪→洗顔→身体の順です。


●背中にも保湿を

乾燥すると皮膚が硬くなったり、古い角質が剥がれなくなったりして毛穴詰まりの原因になるので、背中にも保湿が必要です。中には逆さにしても使える保湿スプレーもあるので便利です。そのほか、保湿剤入りの入浴剤などを使うのも背中の保湿になります。


●肌に触れる衣類は清潔に

通気性がよく、肌触りがよいものを身につけましょう。パジャマを1日くらいじゃ洗わないという人は、キャミソールなどのインナーをつけて、肌に直接触れるものは毎日洗って。


●ニキビにいい食べ物と悪い食べ物は?

皮脂分泌を抑えるビタミンB2、B6を含む食材、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促すビタミンA、C、亜鉛を含む食材はニキビの改善と予防に効果的です。

反対に、男性ホルモンの高分泌を促す高GI食品、動物性脂肪や糖分の多い食事、辛さの効いた刺激のある食事、アルコールは皮脂腺を刺激するので控えるように心掛けましょう。


セルフケアを続けても綺麗にならない時は、皮膚科に相談してくださいね。今から始めれば夏には綺麗な背中になれますよ。今年の夏は背中美人を目指してケアしてくださいね。


(坂本 雅代)

    【あわせて読みたい】
    もうすぐ半袖の季節!気になる「二の腕のブツブツ」の治し方とNG習慣3つ
    至近距離も怖くない!キレイな背中をキープする方法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
    秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
    NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選

    【参考】
    背中ニキビは石鹸・ボディソープを見直して改善できるかも – ドクターシーラボ
    背中ニキビの原因とケア – プロアクティブ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら