ごきげん手帖

厚塗り女子にはガッカリ!?愛されすっぴん風ベースメイクの作り方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

UVケアやシミ・ニキビはしっかり隠したい。でも、ベースメイクをやりすぎると塗ってる感が出て、厚塗り感がでて今っぽい素肌に仕上がらないのは嫌ですよね。
そこで今回は、素肌感を重視した理想的なベースメイクづくりのテクニックをご紹介します。なんとなく適当にベースメイクを施すのではなく、肌を美しく見せるような作り方を心がけましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■みんなベースメイクを重要視している!

ポーラ文化研究所が2015年11月に発表した調査結果では、ベースメイクを重要視している人は76%で、ポイントメイクは69%だったそう。
さらに資生堂での調査では、最も念入りに行いたいと思っているメイクとして、アイメイクが44.7%、ベースメイクが44.3%とほぼ同率1位という結果に。 多くの女性がベースメイクを大事にしていることが分かりますね。


■男性は女性の「厚塗り」にガッカリしている!?

また同じ資生堂の調査で「女性がベースメークでカバーしたいと思っているポイント」について、1位は「毛穴」で52.7%、2位は「シミ」で39.7%、3位は「くま」で33.7%だったそうですが、そんな気になる部位をカバーするためについやってしまいがちな「ファンデーションの厚塗り」は、毛穴やニキビ跡が目立つよりも男性からガッカリされるという調査結果が出ています。


■理想のベースメイクテクニック3つ

理想的なベースメイクを作るには、いかに「さりげなく」カバーするかがポイントになります。次のようなテクニックを使ってみましょう。

・毛穴やニキビ跡をカバー

気になる毛穴やニキビ跡、肌の凸凹などを隠すためには、ファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラでポイント的にカバーしましょう。気になる部分をコンシーラーで隠したあと、パウダーファンデーションを薄めに重ねて。リキッドファンデーションの場合はその逆で、ファンデーションの後にコンシーラを使用します。


・厚塗り予防

すっぴんのような自然な肌を目指すなら、ファンデーションを少量ずつ指にとり、顔に軽くたたき込むようにしてなじませるのがポイントです。フェイスラインまでしっかり塗ると抜け感がなくなってしまうので、ファンデを両頬に置いたら顔の中心から外側に向かって伸ばすようなイメージで塗っていきましょう。ヨレやすい目の下は肌を伸ばすようになじませると◎。


・フェイスパウダーでキメ細かい肌に

フェイスパウダーを飛ばしてしまう人もいるかと思いますが、フェイスパウダーは仕上がりを大きく左右する大切なものです。微細な光を放つパウダーを使ってキメの細かいなめらかな肌を作りましょう。パフを揉みこんでパウダーを均一にし、つきすぎないように手の上で量を調整します。額から鼻、口周り、まぶた、頬の順番につけていけば、顔色を明るく見せることができますよ。


ぜひこれらのテクニックを試して、毛穴のないなめらかな素肌感のあるベースをつくりましょう。


(ごきげん手帖編集部)

    【あわせて読みたい】
    「朝の化粧水」がポイント!崩れにくいベースメイクのポイント5つ
    血色メイクを叶える!じんわり潤う人気のティントリップ3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
    放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱ×お団子」ヘアアレンジ
    プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
    毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選

    【参考】
    女性の化粧行動・意識に関する実態調査 2015 メーク篇 – ポーラ文化研究所
    “理想のメーク”、男女一致で「素肌っぽさ」。女性のメークに幻滅したことのある男性は70%!仕上がり重視の男性と、プロセス重視の女性の共通点と相違点とは!? – PR TIMES
    How to 若顔 フェイスランプ効果をより効果的に実現する使い方 – 花王
    “CCクリーム”で究極のスッピン肌 – ドクターシーラボ
    ファンデーション トゥルーリキッド ロングキープ UV – 資生堂
    ファンデーション ルース ヌーディフィニッシュ – ヴィセ
    ファンデーション CC ウォータリー ファンデーション – ヴィセ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら