ごきげん手帖

肉食女子必見!キレイになれる牛肉の食べ合わせ食材3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

昨今の「肉ブーム」で、お肉を食べる機会が増えたという人も多いのでは。お肉はただ美味しいだけでなく、タンパク質を豊富に含むため、美しい肌やプロポーションづくりには欠かせないもの。でもどうせ食べるなら、美容と健康効果を高めてくれる、いい食べ合わせを知っておくとお得ですよ!
そこで今回は、お肉の中でも「牛肉」に注目し、3種の食べ合わせ食材とその効果をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■酸化を防ぐ!「牛肉×赤ワイン」

美味しくて美容や健康にいいといわれる肉ですが、実は食べ過ぎると「酸性」という性質上、糖尿病などのリスクがあるといわれています。そこで、牛肉を食べるときは、その酸性を少しでもアルカリ性で中和するために「赤ワイン」を合わせるのがコツ。
抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富なので、牛肉と組み合わせると、老化・肥満防止のほか、その他の病気予防にも役立つといわれています。一緒にお酒を飲む機会がある時は、赤ワインを積極的に飲むといいかもしれません。


■便秘解消や動脈硬化予防に!「牛肉×ごぼう」

牛肉に付け合わせる野菜を選ぶときには「ごぼう」がおすすめ。ごぼうに含まれる「リグニン」という食物繊維は、腸の有害な物質を排出してくれるほか、便秘にも良い影響が。特に牛肉との相性がいい理由は、そのリグニンの作用が、牛肉に含まれるアミノ酸「メチオニン」によって高まるといわれているから。牛肉とごぼうのしぐれ煮や炒め物などのメニューを取り入れてみましょう。


■脂肪燃焼!「牛肉×しょうが」

牛肉の赤身には、「L-カルチニン」と呼ばれる、脂質の代謝に欠かせない成分が含まれています。それだけでダイエット食品といえますが、さらにしょうがの温め効果を加えて燃焼力アップ! 炒め物や丼ものなど、しょうがと組み合わせられるチャンスがあれば、ぜひ取り入れたいですね。


牛肉はそれだけで優れた効果がありますが、上手に組み合わせるとさらに効果がアップ。もちろん食べ過ぎるのはNGなので、適度に調整してくださいね。


(ごきげん手帖編集部)

    【あわせて読みたい】
    痩せたいなら絶対食べて!朝食で食欲をコントロール出来ちゃう理由
    お肉で痩せ体質!脂肪燃焼&美肌に効果的なお肉の選び方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
    NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
    ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
    お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

    【参考】
    肉やチーズなど酸性食品の取り過ぎに注意 糖尿病リスクが上昇 – 糖尿病ネットワーク
    牛肉の食べ合わせ黄金の法則 – 下山薬局
    ※PHP研究所(2004年)『「お料理ことば」基本のキホン』(PHP研究所)
    はーとニュース – 今井はーとクリニック
    ※エイ出版社(2011年)『体脂肪を燃焼させる太らない食べ方: 賢いチョイスで太らない食事!』(枻出版社)
    L-カルニチンとは – ILS

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら