ごきげん手帖

食べ方で変わる!むくまない身体づくりの新食習慣3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ダイエットや美容効果を期待して、野菜いっぱいのサラダをチョイスする女性は多いはず。でもせっかくのビューティーフードも、食べ方1つでキレイとは全く無縁のものになってしまうのを知っていますか? 食事に気を使っているはずなのに、全然変化が見られない…と落胆する前に、実はキレイになれる食べ方は存在しているのです。今回は、むくまないスリムな身体をつくるために必要な「新食習慣」を3つご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■むくまない身体を作る新食習慣3つ

●サラダは「かける」より「つける」でむくみ解消

少しの量でも、意外と高いドレッシングのカロリーと塩分。サラダはヘルシーなのに、かけすぎてしまうことで塩分過多となり、逆にむくみを促進してしまうかも……。
そこで、「かける」ドレッシングを食べる分だけ「つける」ようにすると、過剰にかけすぎることを防ぐことができます。
サラダのみだともの足りなさを感じてしまうダイエット中の人は、特にドバドバと大量にかけてしまう傾向が強いように感じます。サラダと一緒に、あたたかいお茶を飲むなどして、口さみしさをリセットするとよいかもしれません。


●スイーツOK? 過度の食事制限よりも「ゆるダイエット」を!

自律神経のバランスが崩れてしまうと、過食や冷えを生み、結果として身体がむくむ原因となってしまいます。大好きなスイーツを我慢するなどのストイックな食事制限は、一時的には体重が減るかもしれませんが、長期的にみるとリバウンドでさらなるむくみの可能性も。
高カロリーの食事でも、時間と量を工夫して食べればOK! ゆるダイエットでストレスをためない食事を心がけることも大切です。


●毎食のタンパク質でむくみ防止!

タンパク質が不足すると腹持ちが悪くなってお腹が空きやすくなり、間食に手が伸びやすくなる傾向にあるだけでなく、細胞間の水分を血管の中に取り入れる働きがある血中タンパク質「アルブミン」量も減少するので、身体をむくませる要因になってしまいます。偏食やダイエットで必要なタンパク質をとれていない人、いませんか? むくみ防止の他、肌や爪、髪をつくる原材料となるタンパク質はキレイの源! 毎食しっかりと摂るようにしたいですね。


どれも簡単に取り入れられるものばかりですので、今日から実践してむくみ防止に役立ててくださいね。


(生井 理恵)

    【あわせて読みたい】
    痩せたいなら絶対食べて!朝食で食欲をコントロール出来ちゃう理由
    知らないと摂れていない可能性大!トマトリコピンの正しい摂り方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
    肌が若返る!?「ミトコンドリア」を増やす&活性化させる方法4つ
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ
    お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

    【参考】
    むくみの原因と対策 – 渋谷DSクリニック
    むくみとストレスの意外な関係 – 銀座ナチュラルタイム
    代謝を活発に! 脂肪を溜めない食べ合わせ – からだカルテ タニタ
    アルブミンについて 一般社団法人日本血液製剤協会
    アルブミンの働き 一般社団法人日本血液製剤協会

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら