ごきげん手帖

ダイエットなしで小顔になれる!?正しいハイライトのいれ方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

2016年がスタートし、忘年会や新年会などで蓄えた脂肪が顔に出てきちゃった……。なんて人も多いのではないでしょうか。でもダイエットせずに、メイクで小顔に見せることが出来たら、とてもラッキーだと思いませんか? そこで今回は、急なダイエット必要なしで小顔に見える「正しいハイライト術」をご紹介したいと思います。ハイライトは入れすぎたりすると逆効果にもなりかねないので、ぜひ覚えておいてください。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ハイライト位置とポイント

 5227_743025399163212_2385068448987653170_n

今回のメイクのポイントは、光の反射を活かしながらのハイライト! しかしハイライトは入れすぎるともわざとらしくなってしまいますし、間違った場所に入れてしまうと逆に顔が膨張して見えてしまうので、注意が必要です。


■ハイライトメイクの仕方


女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

(1)額の一番出ている位置に、ふわっとハイライトカラーを。
(2)鼻筋は、鼻の付け根から鼻の真ん中まで軽くスッとつけます。
※ここで鼻全体にハイライトをしてしまうとかえって鼻が大きく見えてしまうので注意!
(3)目のCゾーン(指で触って高くなっている位置)、眉下骨のでっぱりの位置、目頭から涙袋にふわりとのせて。
(4)アゴの一番高い位置にオン。


【番外編】ハイライトテク

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

上唇の山に沿ってハイライトを入れると、ぷっくり感がアップしますよ!


■ 今回使用したおすすめコスメアイテム

10330503_743027575829661_688401472771884858_n

・M・A・C ミネラライズスキンフィニッシュ ライトスカペード/M・A・C
・#159 デュオ ファイバー ブラッシュ ブラシ/M・A・C
・THREE シマリング グロー デュオ 01/THREE

ハイライトカラーを入れるだけでも、顔全体の印象は変わります。顔の表情が明るくなるだけでなく、光を味方につけて、上手く取り込む事によって、小顔に見せることも可能なのです! 簡単なのに実践しやすいので、とってもオススメです。ぜひ、参考にしてみてくださいね!


(立花ゆうり)

    【あわせて読みたい】
    血色メイクを叶える!じんわり潤う人気のティントリップ3選
    ヘアメイク伝授!小顔になれるOKチークとNGチーク

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
    放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱ×お団子」ヘアアレンジ
    プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

    【参考】
    M・A・C ミネラライズスキンフィニッシュ ライトスカペード – M・A・C
    #159 デュオ ファイバー ブラッシュ ブラシ – M・A・C
    THREE シマリング グロー デュオ 01 – THREE

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら