ごきげん手帖

口紅はオリーブオイルでオフ!?うるうるリップを叶える方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

肌も手も、あらゆるところが乾燥するこの時期。なかでも唇は乾燥しやすく、皮が浮き上がって口紅がうまくのらない……という人もいるのではないでしょうか。カサカサ唇では魅力も半減! いつでもうるっとした瑞々しい唇でいたいですよね。実はこのピンチ、リップクリームの選び方とちょっとしたお手入れで解決できてしまうんです! 今回は冬でもうるうるリップを叶えるケア方法をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■リップクリームは保湿成分を重視!

ケースが可愛い、香りがいいなどの理由で選ぶのはオススメしません。保湿成分が高いもの、たとえばシアバターやホホバオイルなどの成分が入っていて、無香料、無着色の刺激の少ないものを選びましょう。唇の荒れがひどい場合は、医薬品のリップクリームの使用をオススメします。


■保湿効果がないリップグロスは使用しない

ツヤツヤになるリップグロスは、一見保湿効果がありそうに見えますが、実は保湿効果は期待できないのです。香料などの刺激の強い成分が含まれており、ツヤツヤ感を出すために使われる「高分子ポリマー」も唇の乾燥を促進させてしまう恐れがあります。唇が荒れているとき、保湿効果の無いものは、できるだけ使用をお休みするのが得策ですね。


■落ちにくい口紅はオリーブオイルで落とす

ティッシュで口紅を無造作にふきとる行為が、カサカサリップの原因を作っています。落ちにくい口紅を落としたいときは、食用のオリーブオイルを使うのがベスト。唇の上をクルクルと円を描くように、マッサージしながらやさしく落としてみてください。


■寝る前に保湿効果のある唇パックを行う

オリーブオイルとハチミツを使うと簡単なパックができます。2つを1:1で混ぜあわせ唇に塗り、サランラップでパックして(空気孔は開けてくださいね)3分間おきます。食品ですので、口に入っても害はありません。安全に保湿を行う事ができるのでオススメです。


唇が乾燥すると、つい唇をなめてうるおいを補給しがちですが、カサカサがひどくなるだけです。そんなときは、リップクリームをこまめに塗りましょうね。出会いとオシャレのシーズンを、ぷるぷるリップでおもう存分に華やぎましょう。


(岡野ユミ)

    【あわせて読みたい】
    美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ
    血色メイクを叶える!じんわり潤う人気のティントリップ3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
    秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
    肌が若返る!?「ミトコンドリア」を増やす&活性化させる方法4つ
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら