ごきげん手帖

毛がなくてもOK!消えないふわっと自然な眉毛を作る3か条

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「過去、眉毛を抜き過ぎちゃって、今はもう生えてこない…」そんな眉毛の悩みを抱えているのは筆者だけではないはず。自然体なアイブロウメイクが大流行の今、眉なしさんにとっての眉メイクは難問です。そこで「hair make SARARI」の佐藤優さんに、眉毛がまばら生えのあなたでも、メイク下手なあなたでも、フワッと自然体な眉毛を描く方法を教えて頂きました! ポイントは3つ、「下準備」「描きテク」「色入れ箇所」。あなたの眉毛も大変身すること間違いなしです!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■押さえておきたい!自然体な眉メイクの3つポイント

(1)下準備で持ちが変わる!

眉毛を描く前、アイブロウを施す部分の肌がスキンケアの油分や皮脂でオイリー気味だと、上手くアイブロウカラーものりません。化粧下地やパウダーを使って、眉下部分をマットな肌に整えておきましょう。


(2)一本一本描き、一本一本なじませる!

のっぺり眉になってしまうのは、一本描きしてしまうことが大きな要因! 自然体かつ消えないアイブロウ作りは「一本一本描き足す」→「ブラシでなじませる」の繰り返し作業が必須。描き終わった後にササッとブラシで馴染ませるのではなく、何本か描いたらブラシを使うというように、丁寧に仕上げていきましょう!


(3)眉頭は色を入れない!

アイブロウパウダーを眉頭から入れてしまうと、意志の強そうな一昔前の眉毛になりがち。眉頭は色を入れずに、パウダーは眉尻のみに入れるようにしましょう! 眉頭は毛流れをコームで整えるだけでOK。この抜け感が今どき眉を作る大切なポイントだったりするのです。


眉毛を今どきなナチュラル眉に変えるだけで、顔全体の印象がお洒落に仕上がります。夕方になっても消えないナチュラル眉毛は3つのポイントを押さえて作りましょう!


(馬場 さおり)

    【あわせて読みたい】
    ハーフ顔になれる!彫り深目元を叶える「眉毛シャドウ」
    【プロ直伝!】立体的で自然な仕上がりになる正しい眉毛の描き方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
    放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
    30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱ×お団子」ヘアアレンジ
    プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

    【参考】
    佐藤優 – hair make SARARI(取材協力)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら