ごきげん手帖

満足感がUP!?食べ過ぎ防止スイーツの選び方と簡単レシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

寒い季節の身体は、体温を保つためにいつもより多くのエネルギーを必要としています。そのため冬は、基礎代謝がUPしてダイエットには適切な季節なんです。しかしその分、逆に食欲旺盛になってしまうこともあります。特にお菓子やスイーツなどを食べ過ぎることなく、少量で満足するためには、「とろける食感」の「温かい」ものを選ぶと良さそうですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■少量で満足できるかも!?スイーツの食べ方ルール2つ

(1)「とろける食感」で満足感アップ

トロリとした食感の食べ物は、口の中で広がるため、舌の「味を感じる部分」で味をとらえやすくなります。そのため、量が少ないものや味が薄い場合でも、しっかりと味を感じ取ることができます。
同じチョコレートを食べる場合も、冷蔵庫から出したばかりの冷たいチョコレートをバリバリ食べるより、常温のチョコレートを口の中で溶かしながら食べる方が、満足感が高まるかもしれませんね。


(2)「温かいもの」で甘みが強くなる

それほど甘く感じないデニッシュを温めてから食べると、すごく甘く感じた経験はありませんか? 甘味は、体温に近い温度で最も強く感じると言われているんです。
デニッシュやパイなど、温めることのできるスイーツは、温めて食べればより甘味を感じられて、少量でも満足できそうですね!


■トースターで簡単!ホットスイーツ・レシピ

ナッツとチョコレートトースト

クラッカーや薄切りパンに、砕いたナッツとチョコレートをのせ、トースターで焼いて出来上がり。ダークチョコレートを使えば、カカオポリフェノールも摂れて、ビューティー効果がUPしますよ。


フルーツとマシュマロのグラタン

耐熱皿に、バナナやイチゴ、リンゴなどのフルーツをスライスしてトースターで焼きます。しんなりしたら細かく切ったマシュマロをのせ、溶けるまで焼き、シナモンやココアパウダーをかけて出来上がり。シナモンやココアには、毛細血管を丈夫にして血流をスムーズにする働きがありますから、寒い季節は、積極的に摂りましょう!

冬は洋服で身体が隠れるため、「ちょっとぐらい太ってもいいかな」と、ついつい油断しがち。スイーツの食べ方にも一工夫して、冬太りを予防したいですね。

(岩田 麻奈未)

    【あわせて読みたい】
    痩せたいなら絶対食べて!朝食で食欲をコントロール出来ちゃう理由
    食べ過ぎの体を簡単リセット!たった一杯のお湯で痩せる方法とは

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
    肌が若返る!?「ミトコンドリア」を増やす&活性化させる方法4つ
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ
    お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

    【参考】
    温度と味覚 – 九州労災病院
    水分は重要な食品成分 – ニッスイ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら