ごきげん手帖

衣替えする前にやっておきたい!黄ばみ・シワから洋服を守る洗濯のコツ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

だいぶ寒くなり、そろそろコートなどのアウターを引き出しから出し始める季節ではないでしょうか。そんな衣替えのシーズン、もう着なくなってきた夏物衣料をちゃんと洗濯をしてしまっても、黄ばみやニオイが気になること、ありませんか? 大切な衣類をトラブルから守るために、今回は夏物をしまう前のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■白物の「黄ばみ」を防ぐ方法

「黄ばみ」の原因の1つは、普段の洗濯では落としきれないごくわずかな汚れが繊維の繊細な隙間に入り込んで蓄積すること。白さを長持ちさせるにはポイントがあるようです。

(1)脇の下やエリ・袖など、皮脂や汗・黄ばみが気になる部分にはシミ用の部分洗い洗剤や液体酸素系漂白剤を直接塗り前処理をしましょう。

(2)濃いめの洗剤液を40度くらいのぬるま湯に入れ、30分~2時間つけおきをします。

(3)つけおきした洗剤液と衣類を洗濯機に入れ、水とほかの洗濯物を足して通常通りに洗います。

来年、衣替えの時に黄ばみを見つけて買い替えることになってしまうのなら、しまう前にきちんとお手入れをしておきたいですね。


■カットソーやサマーカーディガンは?

一度しか着ていない服も、きちんと洗ってしまいましょう。「弱30」や「手洗い30」表示のあるものはお家でのお手入れが可能です。

(1)ファスナーやボタンはしめて、そでやエリが表にくるようにたたみ、1枚ずつ洗濯ネットに入れましょう。目の細かいネットがベストです。

(2)洗濯機におしゃれ着用洗剤と柔軟剤を入れ、ドライコースか手洗いコースで洗濯をします。

(3)脱水後、すぐに取り出して軽く叩いてシワを取りましょう。フリルなどは指でしわを伸ばし、ニットは平干しにし、型崩れしないように干しましょう。


ニットの平干しは100円ショップの平干し用ネットハンガーがおすすめです。衣替え以外にも、普段のお洗濯の参考にしてくださいね。


(坂本雅代)

    【あわせて読みたい】
    洗っても効果は落ちない?UVカット機能のある衣類のナゾ
    その洋服、捨てるのはもったいない!賢くリサイクルができるサービス4選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
    どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
    ブツブツ・ザラザラの原因!「背中ニキビ」をまねくNG習慣6つ
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

    【参考】
    衣類をしまう前に白シャツの「黄ばみ」を予防 - ライオン
    しまう前にはお手入れしよう!「ちょっぴりおしゃれ着」も自宅でかんたんお洗濯 - 花王

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら