ごきげん手帖

美容ライター実践!「今日なんかイマイチ…」の日にする“脱ブス”行動3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

寝不足だったり、二日酔いだったりで、なんとなく顔が冴えないという日は誰しも経験をしたことがあるはず。そんな日は厚塗りメイクでカバーするのではなく、簡単にできる“脱ブス”行動をすぐさまやってみませんか? 筆者も行う“脱ブス”行動は「水分を摂る」、「温タオルで目を温める」、「カリウムを摂る」ことを意識しています。

40644096_m

■ライターが実際にやっている脱ブス行動3つ

(1)水分を摂る

顔色がくすんでいるなら、水分不足が原因かもしれません。なので、喉が渇いていると感じた時はもちろん、たとえ喉が渇いていなくてもこまめに水を飲むようにしています。水分を摂ることによって血行を促す働きがあり、白湯にすれば、冷えを防ぎ更に血流促進の効果が期待できますよ。


(2)温タオルで温める

目の周りがくすんでいたら、目の周りの血行が滞ってしまっている証拠。そんなときは、温タオルをのせて目を温めてあげます。固めにしぼった濡れタオルを30秒ほどレンジで温めるだけでOKです。もしくは市販の蒸気が出るタイプのアイマスクなどを活用してみるのもおすすめです。


(3)カリウムを摂る

カリウムをはじめとしたミネラル類が不足してしまうと、顔や体のむくみが出やすくなるといわれています。トマトやきのこ、果物類など、カリウムが豊富な食品を摂取するように意識しています。


「今日は顔がイマイチ」と感じる日は、何かが不足していたり滞っているのかも。ちょっとした一手間で、コンディションの良い状態に戻したいものですね。


(前田紀至子)

【あわせて読みたい】
美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法
美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
ブツブツ・ザラザラの原因!「背中ニキビ」をまねくNG習慣6つ
ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
むくみ – 武田薬品
お肌も衣替えの季節 – 白十字

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら