ごきげん手帖

【プロ直伝】じゅわっと血色、お色気フェイスが続く!落ちにくいチークのつけ方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

しっかりメイクして出たはずなのに、気がついたらチークが消えている……といったことはありませんか? 今回は、チークを長持ちさせるマル秘テクニックをご紹介いたします! じゅわっと血色フェイスを叶えるには、肌をマットにしすぎないことや、クリームチークを上手に使うことがポイントとなりますよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ステップ1:クリームチークをチークベースにします

ファンデーションまで塗り終わったら、まずチークベースとして、クリームチークを使いましょう。クリームチークを薄く塗ることで、うっすら血色感をプラスすることができ、その後入れるパウダーチークが肌に定着しやすくなるうえ、パウダーチークの発色も断然良くなります。

塗り方は、チークを入れたい箇所の中心にクリームチークを指で「ポン」とおき、人差し指、中指、薬指の3本の指の腹でなじませていきます。指3本を使ってなじませる事で、一度で広くなじませる事が出来、ムラができにくくなります。

またクリームチークがより発色良く、なじみやすくするためにはファンデーションをパウダーファンデーションではなく、リキッドファンデーションを使うことをオススメいたします。


■ステップ2:パウダーチークをブラシでポンポン

クリームチークの上にパウダーチークをのせる場合、普段チークをパウダーで入れる時と同じようにブラシをこすったり、伸ばしたりしてしまってはムラになってしまいます。
ムラなくきれいに仕上げるには、大きめのチークブラシにたっぷりパウダーがを含ませ、クリームチークで作ったベースの上にそっと置いていくようにトントンとつける事がポイントです。


■ステップ3:マットにしすぎない

手で触ってみて、サラサラするな、と思うくらいに仕上げてしまうと、表面に付いたパウダーが落ちやすい状態にあるので、手で触って少しペタペタとした感じが残っているくらいがベスト。マットな仕上がりを意識しましょう。水分が残っている状態なので、パウダーがしっかり密着して落ちにくくなります。


またツヤ肌にしたいとき、チークをメイクのポイントにしたいときは、ステップ2の後に更にステップ1を繰り返すと、ツヤが程よく出て、ディズニー映画のヒロインのようなポワ〜っとした魅力的なチークにすることができますよ。みなさんも、是非試してみてくださいね!


(中花絵里香)

    【あわせて読みたい】
    血色メイクを叶える!じんわり潤う人気のティントリップ3選
    ぱっちり上向きまつげをキープ!まつげメイクのポイント3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
    お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
    プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
    30代・40代にピッタリ!「三つ編み大人アレンジ」のまとめ髪
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    アイテムの最新記事はこちら