ごきげん手帖

重要なのは背中!?簡単バストアップエクササイズ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

バストアップのエクササイズというと、大胸筋など体の前側の筋肉を鍛えることを想像してしまいますが、実は体の後ろ側の筋肉が重要なのです。首から背中にかけてひろがる僧帽筋という筋肉は、肩甲骨を動かすときに使います。この僧帽筋の下部がこわばったり縮こまったりしていると、肩が前に出てしまい、バストトップの位置が下がって「ブスおっぱい」をつくってしまいます。そこで、デスクワークやスマートフォンの使い過ぎで凝り固まっている僧帽筋下部をほぐすエクササイズをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

◼︎僧帽筋をほぐすエクササイズ

(1)両手を後ろで組みます。できるだけ手のひら同士をつけ、必ず肘を伸ばします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

(2)手を組み肘を伸ばしたまま、両肩を後ろへ8回ほど回します。肩で大きな円を描くように行います。肘を曲げてしまうと腕や肩のトレーニングになってしまうため、必ず肘を伸ばしましょう。やりにくい人は手をお尻に近づけて行うと良いですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖


初めて行う場合、僧帽筋が凝り固まっている人はなかなか肩が動かないと思いますが、ほぐれてくると動きやすくなります。猫背や肩こり予防にもなるので、ぜひトライしてみてください。


(MACO)

    【あわせて読みたい】
    チューブトップも要注意!ブスおっぱいをつくる4つの習慣
    1分で天然のブラをつくる!簡単バストアップストレッチ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
    OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ
    40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方
    上半身太りをツボで解消!?腕・肩スッキリ「漢方マッサージ」って?
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら