ごきげん手帖

意外すぎる!美人顔になれるチークやハイライトの正しい入れ方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美人に見せるポイントは、顔の凹凸、メリハリです。せっかく肌が綺麗でも全体にメリハリがなく、ボヤッとした印象では美人に見えません。未だにTゾーンにハイライトを入れていたり、チークを幅広く入れている人はボヤっと顔の可能性大。今回は、正しいメリハリの作り方、美人顔の作り方をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ブラウンのアイライナーで色っぽい目元に

「アイメイクはそんなにしてないのに印象的な目元」に見えるよう、こっそりアイラインを仕込むことがポイント。ただし、クールビューティで少し目元に強さを出したい時はおすすめですが、ラインをしっかり引きすぎるときつい印象になってしまい、特に黒いリッキドのアイラインは色のコントラストが強く出てしまうので要注意。
ナチュラル美人を目指すならブラウンのリキッドでキワを埋めるように細く描くことがポイント。

またブラウンは赤味を含んでいるので、チークやリップといった血色の赤味と繋がり、ほんのり色っぽい女性らしいメイクに仕上がります。


■ハイライトは点でいれる

TソーンにTの字、CラインにCの字に入れるハイライトはいかにもすぎてしまうので注意。
天然美人かのようにさりげなく仕込むには、鼻の一番低いところ、目頭、こめかみに点でハイライトを入れることで太陽の光や、お店の照明などが線として演出してくれます。
またハイライトが入っていることによって、くぼんでいる部分の影が活きてくるので、一気にメリハリのある顔に仕上がります。


■チークは真ん中に寄せて小顔効果

チークを顔の外側に入れていると「そこまで顔がある」ことを強調してしまいます。顔の中心に寄せて、口角と目尻を線で結んだ内側にチークを止めるようにすることが小顔ポイントです。顔の外側をシェーディング効果で目の錯覚を利用することができ、外人モデルのように横顔もメリハリのある顔に仕上がります。


今日からこっそり仕込めるテクニックばかりご紹介しました! みなさんも、美人顔メイク試してみてくださいね。


(中花絵里香)

【あわせて読みたい】
小顔に見えるアイラインは●色!? 「ナチュラルなのに目力美人」の秘訣4つ
適当なアイメイクは逆効果!?すっぴん瞳を最大限に大きく見せる方法3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
30代・40代にピッタリ!「三つ編み大人アレンジ」のまとめ髪
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら