ごきげん手帖

プロに聞いた!夏でも崩れないファンデーションの選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ファンデーションが崩れやすく、よれやすい暑い夏がやってきましたね。ファンデーションを選ぶ決めては、手にのせたときのテクスチャーが「コクのあるもの」と「伸びが良いもの」がポイントです。今回は雑誌、広告、映像など幅広いジャンルで活躍されてヘアメイクアップアーティスト・長井かおりさんに夏のファンデーション選びについてお話を伺いました!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■夏に不向きなファンデーションとは?

しっとりしたクリームタイプのファンデーションや、一見夏場に向いていそうなサラッとしているパウダリータイプのファンデーションは夏場には不向き。クリームタイプはしっかりつくけれどよれやすく、パウダリーファンデーションは着け心地は軽いですが、時間が経つと崩れやすいのです。


■ファンデーションの選び方

夏場はリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。ツヤが出るうえ、肌への浸透力も抜群なのでみずみずしく潤いのある仕上がりに。また、購入する前に必ずテクスチャーを試しましょう。ファンデーションを選ぶときのポイントは以下の2つです。

(1)程よいコクがあるか

手につけてみた時、あまりに水っぽすぎてファンデーションが手から流れてしまうようなものには注意して。薄付きにはなりますが、夏場に使用すると汗などで落ちやすく、乾燥につながる可能性も。少しコクのあるものを選びましょう。

(2)伸びの良さ

手につけた時に伸びの悪いものはNGです。美容液のようにトロッとして、滑らかで伸びの良いものを選びましょう。伸びにくく硬いファンデーションは、夏場は得に崩れやすくよれやすくなってしまいます。


この2つのポイントを抑えておけば、重ね付けをしてもナチュラルで、崩れにくい肌作りができますよ。汗をかいても崩れない、キレイな肌でこの夏も過ごしたいものですね。


(菅野広恵)

【取材協力】
・ヘアーメイクアーティスト/長井かおり(ながいかおり)

【あわせて読みたい】
メイク崩れの救世主!ポーチに入れておきたいアイテム3選
夏でも崩れ知らず!素肌を生かしたメイク術3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
30代・40代にピッタリ!「三つ編み大人アレンジ」のまとめ髪
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

メイクの最新記事はこちら