ごきげん手帖

髪は肌の3倍紫外線ダメージを受けている!ツヤ髪を守るヘアケア法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

肌の紫外線対策だけではなく、髪や頭皮のケアもしっかり行っていますか? 髪が浴びる紫外線は肌の3倍といわれています。紫外線対策は肌だけでなく、髪や頭皮も一緒に対策をしていきましょう! 今回は美容ライターである筆者が実践しているヘアケア法をご紹介。ポイントは「帽子や日傘でガードする事」や「髪にUVスプレーをかける事」、「紫外線を受けた日にはスカルプケアを行う事」ですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■髪と頭皮のUV対策方法

(1)日傘でしっかりガード!

日傘には、紫外線吸収してくれる効果と紫外線を反射してくれる効果があります。特に、黒の日傘は白の日傘に比べて約10倍もの紫外線を通さない効果もあるので、選ぶなら黒を選びましょう。

●サンバリア100

20150613satoayaka03

サンバリア100は、なんと紫外線を100%カットしてくれる優れもの! 絶対に日焼けしたくない方におすすめです。

(2)髪の毛全体にUVスプレーをかける

髪に紫外線を浴びると、乾燥してしまったりキューティクルが傷ついてツヤのない髪になってしまいます。そんな事にならない為にも、髪全体に紫外線カットができるUVスプレーをつけましょう。

●サンケア プロテクト ヘアヴェール/アヴェダ

20150613satoayaka02

紫外線などの外的刺激から髪の毛を守ってくれる洗い流さないトリートメント。持続時間は約16時間。重さを感じにくく、プールなどで水に濡れても効果が落ちにくいウォーター・レジスタント処方です。

(3)紫外線を受けた日はスカルプケアを

髪は寝ている間にもっとも栄養が行き渡るといわれています。洗髪後に行うスカルプケアで、栄養補給を行いましょう。

●リバースセラム フォースカルプ/uka

20150613satoayaka01

外でたっぷり紫外線を浴びた日は、しっかりと頭皮ケアを。「uka」のリバースセラムは、天然由来成分を93%配合しているので、乾燥、フケ、ニオイなどの地肌の悩みから薄毛、細毛、白髪などの悩みがある方にも使えます。乾いた状態やタオルドライをした後に、全体になじませマッサージ。じんわり温かくなる温感効果で頭皮の巡りを良くしてくれます。


紫外線が強い今の時期、お肌だけではなくしっかり頭皮や髪の毛までケアをしていきましょうね。

(佐藤彩香)

【あわせて読みたい】
絶対やめて!どんどん「髪のツヤが奪われてしまう」勘違いヘアケア4つ
髪の方が顔より日焼けしてる!? すっかり「紫外線ダメージを受けてしまった」パサ髪のレスキュー方法3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ

【参考】
※深澤亜季著(2011)「白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40」(三空出版)
髪が浴びる紫外線は、肌の3倍。だから、肌以上にUVケアが必要。 – パンテーン
ヘアケアサイト — 花王
髪の辞典 – アンファー
リバースセラム フォースカルプ – uka
サンケア プロテクト ヘアヴェール – アヴェダ
サンバリア100

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら