ごきげん手帖

髪の「予洗い」でダメージを軽減!正しい「予洗い」の方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

髪を洗うときの手順として、シャンプー剤をつける前にする「予洗い」があります。予洗いとは、髪や地肌をお湯で濡らすことで、シャンプーの泡立ちをよくするための前準備。しかし、実は髪の美しさを保つためにも役立っているのです。みなさんが普段行っている「予洗い」、どれくらいの時間をかけて、どのように行っていますか? 予洗いをしっかり30秒おこなうことで、汚れをしっかり落とすことができ、髪へのダメージも減らせるんですよ! 今回は予洗いの大切さについてお話ししたいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■「予洗い」の意外な効果

予洗いを行うと、シャンプーの泡立ちが良くなり、しっかり髪の汚れを落とすことができるのは知っていますよね? しかしその他にも、次のような意外な効果も期待することができるのです。

・髪や地肌の汚れを落とす意味がある
・シャンプーの泡は髪同士の摩擦を防ぐ役割もあるため、髪のダメージ防止になる

予洗いは、ただ濡らしているだけでなく、お湯で髪や地肌の汚れを落としていることも忘れずに。また、泡立ちがよくなればよくなるほど、泡がクッションとなって髪同士がこすれ合わずに済みます。このように、髪への刺激とダメージを抑えられるのは、思わぬメリットですね。


■予洗いの正しい方法

この予洗いの効果を十分に得るために、次のことを意識しながら実践しましょう。

・髪と地肌を十分に濡らすようにする。特に地肌にも十分お湯が行き渡るように
・髪に指を通しながら、髪や頭皮をまんべんなく洗う
・すすぎと同じくらい丁寧に洗うのがコツ。30秒くらいかけてじっくりと!

普段行っている予洗いの、もう10秒くらいプラスで時間をかけて丁寧に行うのがいいでしょう。


「予洗い」も一つの汚れ落としのステップとしてしっかりと実践し、美しい髪をキープしたいものですね。


(ごきげん手帖編集部)

【あわせて読みたい】
うねり髪や朝の爆発ヘアに!サラっとまとまる美髪をつくる方法3つ
パサパサ髪が美人偏差値を下げる!「トリートメントに頼らずに」髪質改善する方法

【参考リンク】
美髪のためのお手入れポイント – POLA
憧れ美髪のカギを握る快感ヘアケア – 資生堂
地肌チェック/正しいシャンプー方法 – 花王
髪のお手入れ – パシフィックプロダクツ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら