ごきげん手帖

要注意!足のニオイや水虫を招くNG行動3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

気持ちの良い青空の日が続き、そろそろサンダルを解禁したくなるような気候ですね。しかしながら、素足で過ごす季節だからこそ、気をつけないと足のニオイや水虫に悩まされてしまうことも! 2日以上同じ靴を履き続けている人や、帰宅してすぐに足を洗わない人、靴に中敷きを敷いていない人は要注意かもしれませんよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■裸足で履くサンダルは雑菌が繁殖するリスク大

「足のムレ」や「水虫」と聞くと、梅雨の時期やブーツを履く冬を思い浮かべるかもしれませんが、実はサンダルを履く季節も要注意。サンダルやミュールといった素足で履く靴は、気づかないうちに汗がたまっているからこそ、こまめなケアを心がけたいところ。


■足のニオイや水虫を招くNG行動3つ

(1)2日以上続けて同じ靴を履く

2日以上続けて同じ靴を履くと、靴についた汗も乾かず、湿った状態が継続されやすくなるため、雑菌にとっては絶好の住み処となってしまうピンチが。靴は1日履いたら、最低1日は休めてあげるようにしましょう。


(2)帰宅後すぐに足の指や足の裏を石鹸で洗わない

足の指と指の間は汗が溜まりやすく、匂いの原因になることもあります。また、これからの季節の飲み会は裸足でお座敷にあがることも多く、水虫の原因である白癬菌が足に付着するリスクもあるからこそ、帰宅したらすぐに足の指の間や足裏を石鹸で洗うことを習慣にしましょう。


(3)靴敷きを敷いていない

靴敷きは足と靴のサイズ感を調整するだけでなく、靴の中を清潔にするための働きもあります。サンダルやミュールなどの場合は、消臭タイプの貼るインソールなどを使い、こまめに洗ったり、貼り替えたりするだけで、足の裏を清潔に保つことができますよ。


ちょっとした工夫をするだけで、靴の中のニオイや状態は大きく変わるようですよ。水虫などのトラブルを防ぐためにも、足元を少し意識するようにしましょう。


(前田紀至子)

【あわせて読みたい】
ブレイク間近!? 注目の“エプソムソルト”は毛穴ケアや足のニオイ対策にも使える
サンダルを履く準備は出来てる?夏までにツルツルかかとを作るためのケア法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
お悩みコラム – 大鵬薬品
【5月】フットケアで素足美人! – あらた

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら