ごきげん手帖

勘違いは“汚肌”のもと!「クレンジング不要」コスメの注意点

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

お肌のために、なるべくなら負担をかけたくないと思うのは当然のこと。最近ドラッグストアや通信販売などで目にする「クレンジング不要」という製品は、クレンジングによるお肌への負担が減るので、ありがたい存在ですよね。でもこれを鵜呑みにしていると、思わぬ肌トラブルに見舞われることがあるので、ちょっと注意が必要です。

女性の美肌づくりを応援する Web マガジン|ごきげん手帖

■勘違いクレンジングがもたらす肌トラブル

“塗る”ばかりのスキンケアが続く中で、唯一“落とす”行為であるクレンジング。お肌自体にはメイク汚れを落とす働きはないので、クレンジングでしっかり落としてあげることが美肌への近道。
落ちきれなかったメイク汚れは、毛穴をつまらせ肌全体のくすみや乾燥、ニキビといったトラブルのある“汚肌(おはだ)”の元になり得ます。その日の汚れはその日のうちに落としましょう。


■「クレンジング不要」製品で気をつけたいこと

メイク汚れを落とすために必要なクレンジングですが、クレンジングには汚れを落とすための「界面活性剤」という物質が多く配合されているため、肌の汚れを落とし過ぎて、潤いを奪ってしまう場合があります。
そこで最近増えているのが「クレンジング不要」という表示のあるコスメ。石鹸で落とせるため肌への負担を減らせるかと思いきや、「クレンジング不要」コスメを使用する前後に、界面活性剤やシリコンが配合されたファンデーションやウォータープルーフの下地クリームなどを使ってしまった場合はクレンジングを行う必要があります。
石鹸だけで落とすなら、使用するコスメ全てを「クレンジング不要」の製品を使わなければなりません。


■肌負担を減らす上手な使い方

おすすめは石鹸で落とせるUVクリームのあと、石鹸で落とせるミネラルファンデーションで仕上げる方法。また、ミネラルルーセントパウダーをポーチに忍ばせておき、メイク直しに利用するのも便利です。


クレンジング不要の場合でも、アイメイクなどの部分はメイクアップリムーバーで落としたほうが無難。手を抜いてはいけないところと、負担を減らせる部分を、上手く使い分けて美肌を目指しましょう。


(ささきひろこ)

【あわせて読みたい】
500円でお試しできちゃう!ノーファンデでも美毛穴になれちゃうクレンジングって?
乾燥知らずのモチモチ美肌をつくる!優秀クレンジング3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考リンク】
界面活性剤とは? – 花王

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら