ごきげん手帖

生理前の肌荒れがヒドイ、生理が来ない……それって卵巣機能の低下かも?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近の20代女子は、痩せ過ぎ傾向にあるため卵巣機能が低下しがち。卵巣は、月経のリズムや女性ホルモン、また、健やかな妊娠生活に影響する大切な臓器です。美肌や美髪など、女性の美しさの鍵を握っているといっても大げさではありません。そこで本日は、卵巣機能をUPさせる方法をお伝えしたいと思います。ポイントは、痩せ過ぎ女子から卒業する事と、筋肉をつくる事、そして、温活ですよ!

11137035_10153279997501060_1637171315_n

■卵巣機能が低下すると起こる症状

卵巣機能が低下すると、実年齢よりも卵巣が老けてしまいます。卵巣が老けると、正常に機能しなくなるため、卵子の数まで減少してしまうのだとか。女性が一生の間に排卵する卵子の数は決まっているため、数が少なくなると必然的に妊娠できる確率が落ちてしまうそうです。また、卵巣機能不全等の病気まで引き起こしてしまう事に。月経周期の異常や無月経、不正出血、不妊症、PMS、肌荒れ、ニキビ等の深刻な症状が出て、なかなか完治しない場合もあるそうです。


■卵巣機能が低下する原因とは?

卵巣機能が低下する原因は、過度なストレスや不規則なライフスタイル、痩せ過ぎや喫煙など様々。特に、間違った知識による無理なダイエットをすると、女性機能全体に大きなダメージを与えてしまうのだとか。日本は、先進国の中でも群を抜いて“痩せ過ぎ女子”が多いと言われています。乱れた食生活によって脂質や糖質過多となり、カロリーの摂取量は増えても栄養不足という深刻な状況に。


■卵巣機能をUPしよう!

卵巣機能をUPするには、今すぐダイエットを止めて痩せ過ぎ女子から卒業しましょう。基本的な事ですが、とにもかくにも食生活を見直す必要があります。野菜をバランス良く摂取し、女性ホルモンを整えて脳の働きを良くする「オメガ3」を含んだ質の良い油を摂る事。また、高タンパク質で脂質の少ない食品を選ぶようにしましょう。適度な運動をして骨盤を動かし、筋力をつけて体全体の血流を良くしてあげる事。さらに、冷えは卵巣の老化を早める原因となるので、年間を通して温活動をする必要があります。定期的に婦人科で検査を受けて、子宮や卵巣の状態を知る事も大切ですよ!


いつまでも美しく在るためにも、卵巣からSOSは放置せず、見逃さないようにしましょう!


(山本朱美)

【あわせて読みたい】
3日遅れたら要注意!生理を遅らせる原因3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
※株式会社タニタ 『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)
女性のからだとストレス – 花王

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら